米で広がる白人至上主義 その背景に「白人の地位低下」と「オバマ」

ジュニアエラ

2017/11/11 07:00

 アメリカの首都ワシントンに隣接するバージニア州の都市で8月12日、デモ隊同士がぶつかり合い、死傷者が出る事件が起きた。この騒乱を引き起こしたのは、白人至上主義者と呼ばれる人たちだった。毎月話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説してくれている、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』に掲載された、朝日新聞編集委員・真鍋弘樹さんの解説を紹介しよう。

あわせて読みたい

  • 津田大介「差別主義者に『NO!』を突きつけたIT業界」

    津田大介「差別主義者に『NO!』を突きつけたIT業界」

    週刊朝日

    8/31

    分断際立つ米国の政治意識 アンケートで見えた米国民の思いは…

    分断際立つ米国の政治意識 アンケートで見えた米国民の思いは…

    AERA

    11/16

  • 黒人刑事が白人至上主義団体に潜入! 「マルコムX」監督、渾身の新作

    黒人刑事が白人至上主義団体に潜入! 「マルコムX」監督、渾身の新作

    週刊朝日

    3/24

    バノン更迭でトランプ政権吉か凶か 下野したほうが恐ろしい

    バノン更迭でトランプ政権吉か凶か 下野したほうが恐ろしい

    AERA

    8/29

  • 白人ナショナリズム アメリカを揺るがす「文化的反動」

    白人ナショナリズム アメリカを揺るがす「文化的反動」

    週刊朝日

    8/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す