「この世界の片隅に」監督が明かす、玉音放送の知られざる歴史

朝日新聞出版の本

2017/10/28 07:00

 昭和19年から20年にかけての広島・呉を舞台に、戦時下で生きる市井の人々のくらしを描いたアニメーション映画「この世界の片隅に」。異例のロングラン上映が続くなか、9月に発売されたBlu-rayもオリコン総合1位(9/25付 週間BDランキング)になるなど、近年まれにみる大ヒット作となった。

あわせて読みたい

  • 「この世界の片隅に」秘話 アニメ制作のためにスタッフが通ったある場所とは?

    「この世界の片隅に」秘話 アニメ制作のためにスタッフが通ったある場所とは?

    dot.

    10/28

    戦時中の家庭にパン焼き器!? 驚きの仕組み

    戦時中の家庭にパン焼き器!? 驚きの仕組み

    dot.

    8/14

  • のん『この世界の片隅に』でアニメ映画初主演、広島弁のアフレコ「頑張ってしゃべりました。」

    のん『この世界の片隅に』でアニメ映画初主演、広島弁のアフレコ「頑張ってしゃべりました。」

    Billboard JAPAN

    8/24

    『この世界の片隅に』のもとになった写真も 戦前・戦後の白黒写真をAIと人の手でカラー化

    『この世界の片隅に』のもとになった写真も 戦前・戦後の白黒写真をAIと人の手でカラー化

    BOOKSTAND

    9/3

  • 「この世界の片隅に」を中国で絶対に上映すべき“理由”

    「この世界の片隅に」を中国で絶対に上映すべき“理由”

    dot.

    12/15

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す