【ドラフト展望】最下位ロッテにおすすめしたい逸材はコレだ! (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ドラフト展望】最下位ロッテにおすすめしたい逸材はコレだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.
戦力補充を目指したいロッテ・井口新監督(c)朝日新聞社

戦力補充を目指したいロッテ・井口新監督(c)朝日新聞社

 今年も運命のドラフト会議が迫ってきた。甲子園を熱狂させた“あの選手”は一体どのチームに行くのか、野球ファンは固唾を飲んで見守っている。そこで、ニュースサイト「AERAdot.」では、年間300試合以上を現地で取材する、野球ライターの西尾典文氏に球団別のおすすめ選手を選んでもらった。今季パ・リーグ最下位に沈んだ千葉ロッテマリーンズだ。

*  *  *

 開幕直後から一度も浮上することなく最下位に沈んだロッテ。シーズン序盤はチーム全体が深刻な打撃不振に陥り、最終的に規定打席に到達したのは鈴木大地と角中勝也の二人だけ。長年続く長打力不足にも改善の兆しが見られない。投手陣も実績のある投手はそれなりにいるものの、先発、リリーフともにこれから太い柱になりそうな若手は圧倒的に不足している。どちらも課題は山積みと言えるだろう。

【おすすめ選手・その1】
鈴木博志:ヤマハ 投手 181cm 95㎏ 右投右打

 まずテコ入れしたいのがリリーフ陣。故障の多い内竜也、勤続疲労の目立つ益田直也に代わるクローザー候補として鈴木を狙いたい。高校時代は無名ながら、社会人での肉体改造で大幅に球速アップし、そのスピードはコンスタントに150キロを上回る。少し重心が高く、抜けるボールも目立つものの今年の候補の中ではクローザーとしての資質は間違いなくナンバーワンだ。高校卒3年目とまだ若く消耗も少ないだけに、絶対的な守護神候補として狙いたい選手である。

【おすすめ選手・その2】
斉藤大将:明治大 投手 178㎝ 75㎏ 左投左打

 先発、リリーフとも左投手不足は明らかであり、それを埋める人材として狙いたいのが斉藤だ。スピードは140キロ台前半が多いものの、少しヒジを下げた腕の振りからサウスポー独特のボールの角度は極めて実戦的。手元で鋭く変化するスライダーとブレーキのあるチェンジアップの精度も高い。走者を背負っても粘り強く投げられるだけに、中継ぎであれば1年目から一軍の戦力として期待できるだろう。

【おすすめ選手・その3】
岩見雅紀:慶応大 外野手 187㎝ 107㎏ 右投右打

 長打力不足解消のために狙いたいのが岩見だ。チャンスメーカータイプの選手はそれなりにいるだけに、多少打率が低くても30本塁打を期待できるような選手を獲得すべきである。岩見の打撃スタイルはまさにそのような需要に当てはまり、1試合に1本の長打だけを期待して長所を伸ばしていけば大成する可能性も十分にある。似た体形の井上晴哉よりも飛ばす力は上回っており、また井上に奮起を促すという意味でも獲得を目指したい。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい