銀行と業者が結託 アパート経営で地方地主の破産相次ぐ

住宅

2017/08/28 07:00

 相続税の節税のため、アパート建設が増加する中、不動産管理業者が家主に家賃保証して借り上げ、入居者に貸し出す「サブリース」契約を巡るトラブルが地方で続出している。銀行と不動産管理業者が結託し、「損はしない」と甘い誘いをかけ、家主が経営に乗り出すが、数年で空室が増え、借金が返せなくなるケースが目立つ。

あわせて読みたい

  • レオパレス21に集団訴訟相次ぐ 銀行と不動産業者が結託、裏で手数料も

    レオパレス21に集団訴訟相次ぐ 銀行と不動産業者が結託、裏で手数料も

    週刊朝日

    10/3

    アパートローンで破綻! 「10年、家賃保証で損しない」と狙われる地方地主

    アパートローンで破綻! 「10年、家賃保証で損しない」と狙われる地方地主

    週刊朝日

    10/3

  • ダマされ借金地獄も 不動産投資で「カモ」にならない4カ条

    ダマされ借金地獄も 不動産投資で「カモ」にならない4カ条

    週刊朝日

    6/28

    古賀茂明「業者から紹介料を取り、アパート融資で顧客をカモる悪徳銀行」
    筆者の顔写真

    古賀茂明

    古賀茂明「業者から紹介料を取り、アパート融資で顧客をカモる悪徳銀行」

    dot.

    5/1

  • 人口減少なのにアパート建設がブーム、後を絶たないトラブル

    人口減少なのにアパート建設がブーム、後を絶たないトラブル

    AERA

    5/26

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す