“逸材”横浜増田を狙うべき球団は地元DeNAではなく…夏の甲子園「ドラフト候補」診断【外野手編】 (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“逸材”横浜増田を狙うべき球団は地元DeNAではなく…夏の甲子園「ドラフト候補」診断【外野手編】

このエントリーをはてなブックマークに追加
西尾典文dot.
横浜高の増田珠(c)朝日新聞社

横浜高の増田珠(c)朝日新聞社

 花咲徳栄の初優勝で幕を閉じた夏の甲子園。ドラフト的な観点では清宮幸太郎(早稲田実)、安田尚憲(履正社)が出場を逃し本命不在と言われたが、そんな中でも目を引くようなプレーを見せた選手は少なくなかった。ここではそんな甲子園で輝いた有力選手達をドラフト候補としての観点で評価、分析したい。なお中には既に進学が噂されている選手も含まれているが、あくまでプロ志望だったらという目線で平等に評価した。投手編、捕手・内野手編に続き、今回は好素材の多かった外野手について紹介する。なお、中には既に進学が噂されている選手も含まれているが、あくまでプロ志望だったらという目線で平等に評価している。

【写真】あの伝説の女子マネも! 増刊『甲子園』の表紙を飾った美少女たち

評価A:プロ志望なら上位指名濃厚
評価B:プロ志望なら指名濃厚
評価C:プロ志望なら指名の可能性あり

■増田珠(横浜)
ポジション:外野手
身長体重・投打:181cm・83kg・右投右打
評価:A
おすすめ球団:ヤクルト

 1回戦で敗れたが評価の高さは変わらない。川端健斗(秀岳館)の角度のある142キロをとらえた一打は見事だった。少しリストの強さに頼るところがあるものの、年々着実にパワーアップしている。センターから見せる強肩、隙を突いて次の塁を狙う走塁も高レベルだ。外野手の高齢化が問題となっているヤクルトにはぜひ狙ってもらいたい選手だ。

■丸山和郁(前橋育英)
ポジション:外野手
身長体重・投打:171cm・72kg・左投左打
評価:B
おすすめ球団:広島

 大会記録タイとなる8盗塁をマークした高校球界きってのスピードスター。思い切りの良いスタート、すぐトップスピードに入る加速の良さは圧巻だ。バッティングも悪いクセがなくパンチ力もあり、上背の無さが全く気にならない。外野手としての総合力では昨年の鈴木将平(西武)と変わらないレベルだ。丸佳浩の後釜候補として広島は狙いたい選手である。

■西川愛也(花咲徳栄)
ポジション:外野手
身長体重・投打:180cm・78kg・右投左打
評価:B
おすすめ球団:中日

 職人のような雰囲気を持った左の強打者。見事なバットコントロールで左右に鋭いライナーを放ち、決勝戦でも3安打4打点の活躍でチームの優勝に大きく貢献した。脚力も申し分ないが、気がかりなのが右大胸筋断裂からの回復具合。外野手として問題ないレベルまでスローイングが戻ってくる保証があれば、プロは放っておかないだろう。23歳以下の有力外野手がいない中日はぜひ狙いたい選手だ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい