AERA dot. 5th anniversary

藤井隆はスペシャリスト、吉本大御所が大事にする基本は挨拶

このエントリーをはてなブックマークに追加
新津勇樹dot.

吉本であいさつのスペシャリストといわれる藤井隆 (c)朝日新聞社

吉本であいさつのスペシャリストといわれる藤井隆 (c)朝日新聞社

「挨拶に始まり、挨拶に終わる」と言われている芸能界。芸人の世界も特にその習わしが強いと言われている。

 私のいた吉本新喜劇では、特にその傾向が強く、「挨拶だけは大きく、相手の目をみてやる」がモットーであった。挨拶が素晴らしいと仕事さえもらえる事も例外ではなかった。

 そんな挨拶に厳しい芸人の世界で、誰もが認める「挨拶のスペシャリスト」がいた。

 それが、藤井隆さんである。

 東京の吉本新喜劇で挨拶に一番厳しいと言われている重鎮、大山英雄さんでさえ、「藤井くんの挨拶は100点満点やわ」と太鼓判を押す。

 さて、そんな藤井隆さんの挨拶はどんなものか観察したところ、あれだけの売れっ子でキャリアのある方が、劇場入りすると、他の芸人の楽屋に一つずつ入り、「おはようございます。本日はよろしくお願い致します」と深々と頭を下げる姿は、背筋がピーンと一直線に伸び、腰から頭までは綺麗な垂直線を描いている。この時点で、楽屋にいる後輩達は総立ちである。さらに、掬い上げられた表情は、はにかみながらの笑顔。スッチー顔負けのスマイルである。テレビや舞台で引っ張りだこの売れっ子の方が、ここまで丁寧な挨拶するとは。その挨拶に、緊張感の漂う新喜劇の楽屋では、皆が幸せな気持ちになるのだ。

 昨年、結婚10周年を迎えてもなお、夫婦仲がラブラブと言われている藤井隆さんは、仲良しの秘訣を「お互いに感謝すること」と言っていたが、仕事でも常に周りに感謝している気持ちがあるからこそ、このような素晴らしい挨拶になるのであろう。まさに芸人の鏡である。

「挨拶に始まり、挨拶に終わる」と冒頭に述べたが、挨拶はベテランの方ほど大切にしているという印象が私にはある。もちろん、私のような若手が率先して挨拶をするのは当然のことであるが、挨拶をしてもこちらを見ず、素っ気ない挨拶や挨拶すらしないなんていう人も確かに芸人の中にいる。それをこの場で言うのは控えるが、それでもベテランの方ほどきちんとこちらの目を見て、挨拶を返してくれる。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧


このエントリーをはてなブックマークに追加