【中学入試速報】首都圏で倍率が上がったのはここだ! (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【中学入試速報】首都圏で倍率が上がったのはここだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
首都圏受験生数と受験率 ※大学通信調べ

首都圏受験生数と受験率 ※大学通信調べ

カンペキ中学受験 2018

朝日新聞出版

978-4023315808

amazonamazon.co.jp

 中学受験では、大学付属校の人気が高まっているという。今春の中学入試で志願者数が増えた学校はどこか? 中学受験情報誌「カンペキ中学受験2018」(朝日新聞出版)より、首都圏の私立中学受験の最新傾向をお伝えする。

*  *  *
 首都圏中学模試センターによると、2017年の首都圏の中学受験率は15.12%で、前年比0.44ポイントの微増だった。中学受験生数も4万4150人で450人増加した。3年連続の増加で、リーマンショック以降の落ち込みが回復傾向にある。その中で、特に大学付属校、共学校の勢いが目立った。

 大学付属校が人気の理由を、サピックス小学部教育情報センター本部長・広野雅明さんは次のように話す。

「先行きが見えない大学入試改革の影響から、付属校に入れば安心だという見方があります。しかし、それ以上に保護者が付属校の教育内容を高く評価しています。付属校では受験勉強にとらわれない分、教養教育やICT、アクティブラーニングなどに力を入れています。また、大学間の競争が厳しくなり、学園全体で連携を強化しようと、大学が付属中高に力を入れるようになりました。大学の教員が高校で出張講義をしたり、高校生が大学の授業を聴講したりするなど、交流が進んでいます」

 早稲田大の系列では、早稲田、早稲田大高等学院が人気だ。特に早稲田は、ここ数年東大に30人ほど合格しており、進学校としての評価も高い。MARCH(明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大)系も堅調に推移している。さらに日本大系の日本大第二や日本大第三、東洋大系の東洋大京北なども伸びており、特に女子の志願者増が目立つ。

 理系人気は底堅く、芝浦工業大、工学院大、東京都市大、東京電機大の付属校も多くの志願者を集めている。青山学院、成城学園、日本大第二は校舎を新築したことも人気につながった。

 大学の系属校で、人気が上昇した学校もある。横浜英和女学院は16年に青山学院の系属校となり、青山学院横浜英和に校名を変更。18年からは共学化の予定で、さらに人気になりそうだ。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい