芥川賞候補『星の子』が描き出す“むきだしの真実”

朝日新聞出版の本

2017/06/20 07:00

 第157回芥川龍之介賞の候補作が20日付で発表され、今村夏子さんの新作「星の子」がノミネートされた。ほかの候補作は、温又柔さんの「真ん中の子どもたち」、沼田真祐さんの「影裏」、古川真人さんの「四時過ぎの船」と、4作品が並んだ。

あわせて読みたい

  • 太宰、三島、芥川賞を受賞…文豪に愛された今村夏子が芥川賞受賞会見で挙げた好きな作品とは?

    太宰、三島、芥川賞を受賞…文豪に愛された今村夏子が芥川賞受賞会見で挙げた好きな作品とは?

    AERA

    7/23

    【芥川賞発表】アルバイトを“クビ”になり、小説を書き始めた ――新・芥川賞作家の今村夏子が作家になるまで

    【芥川賞発表】アルバイトを“クビ”になり、小説を書き始めた ――新・芥川賞作家の今村夏子が作家になるまで

    dot.

    7/17

  • デビュー後、沈黙した芥川賞受賞作家・今村夏子に再び筆を執らせた一言とは?

    デビュー後、沈黙した芥川賞受賞作家・今村夏子に再び筆を執らせた一言とは?

    AERA

    7/23

    芦田愛菜さん主演映画『星の子』Blu-ray&DVD発売&デジタル配信が決定!

    芦田愛菜さん主演映画『星の子』Blu-ray&DVD発売&デジタル配信が決定!

    12/11

  • 今村夏子の新作は「読む側によって姿を変えるおそるべき小説」

    今村夏子の新作は「読む側によって姿を変えるおそるべき小説」

    dot.

    6/7

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す