波瑠主演ドラマ「あなそれ」“昼ドラ”展開がクセになる…大政絢の不倫批判に「正論」と共感も 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

波瑠主演ドラマ「あなそれ」“昼ドラ”展開がクセになる…大政絢の不倫批判に「正論」と共感も

このエントリーをはてなブックマークに追加
朝比奈ゆうdot.
波瑠 (c)朝日新聞社

波瑠 (c)朝日新聞社

 女優の波瑠が主演する連続ドラマ「あなたのことはそれほど」の第5話が5月16日に放送され、その“昼ドラ的”展開に視聴者の注目度が高まっている。

 ドラマは「FEEL YOUNG」(祥伝社)に連載中のいくえみ綾の漫画が原作。“2番目に好きな人”渡辺涼太(東出昌大)と結婚した主人公・渡辺美都(みつ・波瑠)は、ずっと思い続けていた中学時代の同級生・有島(鈴木伸之)と偶然再会し、一線を越えてしまう。しかし実は有島も結婚しており、さらに有島は妻・麗華(仲里依紗)との間に子供が生まれたばかりだった……という内容。前回は美都の不倫を知った涼太が、それでも美都に永遠の愛を誓う、という展開だった。

 第5話では、浮気を知ってもなお笑顔で結婚生活を続ける涼太を美都は気味悪がるが、それを親友・香子(大政絢)に話したところ、いさめられる。有島を特別な相手だと話す美都に、香子は「初恋とか運命とか、きれいな言葉でコーティングしてるけど、はたから見るとただのありがちな、そのへんに転がってる、浮気だよ?」「有島とは別れるんだよね?答えによっては友達やめるけど」とズバズバと正論を展開。さらに、浮気を知ってなお笑顔で接する涼太のことを「気持ち悪いくらい……」と話す美都に対して「あんたどの立場で言っててんの!?」とバッサリ。

 これに視聴者からは「香子正論すぎ」「大政絢ちゃんに共感しかない」「大政よく言った」といったと共感のコメントが相次いだ。ドロドロ不倫劇に登場人物を“非難”する声が多く上がっていただけに、大政演じる香子のセリフは視聴者の思いを代弁するものだったようだ。

 またドラマ終盤では、涼太が、公園で休日を過ごしていた有島と偶然を装って出会い、自身が美都の夫であることや、美都の浮気を知っていることを有島に告げる……という衝撃の展開を迎える。これまでは「登場人物に共感できない」「展開が怖すぎる」といった声が多く見られた同ドラマだが、今回は「怖いけどクセになっちゃうな」「初めはイラつきながら見ていたけど面白くなってきた!」「この昼ドラ展開、嫌いではない」と視聴者の声にも変化が見られた。その振り切れたドロドロぶりにハマる視聴者も増えているようだ。

 17日に明らかになった第5話の平均視聴率は9.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。初回は視聴率11.1%と好スタートを切っていたが、第2話の9.0%と一桁代に転落。しかし第3話では9.5%、第4話では9.9%と徐々に持ち直していた。(ライター・朝比奈ゆう)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい