ディーン・フジオカ、原田龍二…イケメン俳優&タレントがMCで成功する“条件”とは 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ディーン・フジオカ、原田龍二…イケメン俳優&タレントがMCで成功する“条件”とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
ディーン・フジオカ(c)朝日新聞社

ディーン・フジオカ(c)朝日新聞社

 テレビ局の春の番組改編の内容が出そろう時期だが、放送枠や内容とともに気になるのは、各番組のMCだ。

NHKの新番組「ごごナマ」(4月3日スタート、月~金曜・13時5分)では月~木曜のMCを俳優・船越英一郎(56)が担当する。同時間帯は宮根誠司アナ(53)司会の「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)や、「ゴゴスマ」(TBS系)、安藤優子キャスターの「直撃LIVE グッデイ」(フジテレビ系)など、情報番組の激戦区だ。

 また4月からのテレビ朝日の新番組「サタデーステーション」(毎週土曜・20時54分)には俳優のディーン・フジオカ(36)が「インフルエンサー」(世の中に影響力を持つ人)という肩書で出演。放送開始13年目に突入する「5時に夢中!」(TOKYO MX、月~金曜・17時)の金曜日の新MCには俳優・原田龍二(46)が就任することが発表された。

“2時間ドラマの帝王”に“国際派俳優”、“丸腰刑事”で人気上昇中のイケメン俳優らの登場とあって話題性は抜群だ。

 司会を務めた俳優といえば、古くは「クイズタイムショック」の田宮二郎さんや「アタック25」の児玉清さん、「100万円クイズハンター」の柳生博など、いずれも大物俳優ばかり。10年間、「王様のブランチ」のMCを続けた谷原章介(44)も3月で卒業し、新しく渡部健(44)が担当する。

「報道番組では石田純一(63)は1997年4月から『スーパーJチャンネル』のMCを務めましたが、不倫問題で1年での降板しました。2006年から『NEWS ZERO』(日本テレビ系)にキャスターの一人として出演している櫻井翔(35)や『news every.』(日本テレビ系)に出演するNEWSの小山慶一郎(32)、『あさイチ』の井ノ原快彦(40)などジャニーズのアイドルも番組司会をこなしています」(スポーツ紙記者)

 船越は取材会で「僕は職場も私生活も崖っぷちを歩いている。そのサスペンス感がほしいと思われたのかも」と語ったが、「生放送番組で俳優やタレントを起用するのは、ある意味、何が起こるか分からない“サスペンス”と似ている」というのは、テレビ関係者。

「ニュース番組といえども、今は視聴率を求められますから、イケメン俳優を登場させることで視聴者を呼び込むこともできます。俳優にとってもMCはイメージアップにもなりますし、生放送では素の部分が見え隠れするので、逆にアピールできるというメリットがあります」
 
 生身が持つ迫力と魅力ある番組が期待できそうだ。(ライター・緒方博子)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい