母親が娘にやりがちな3つのタブー 将来に大きな影響が…

AERAwithKids

2016/09/23 11:30

 大人になってから「母が苦手だ」と打ち明ける女性が多く見られます。女性が自分を好きと感じる自己肯定感や幸福感は、同性である母親の接し方が大きく影響するといわれ、その最初の分かれ目となるのが、9歳、10歳のころ。『AERA with Kids 秋号』(朝日新聞出版)では9歳、10歳ごろの女の子と母親の関係が将来にどう影響するか、詳しく解説しています。

あわせて読みたい

  • 母親がやってはいけないこと 娘を「分身」にして、かなえられなかった夢を押し付けるのはNG

    母親がやってはいけないこと 娘を「分身」にして、かなえられなかった夢を押し付けるのはNG

    AERA

    10/14

    「娘がコワい」母、「優しくなれない」娘 なぜうまくいかないのか

    「娘がコワい」母、「優しくなれない」娘 なぜうまくいかないのか

    週刊朝日

    11/27

  • 19歳の娘を過干渉に育ててしまったと悔やむ48歳母に、鴻上尚史が指南した「健康的に自立」させる方法
    筆者の顔写真

    鴻上尚史

    19歳の娘を過干渉に育ててしまったと悔やむ48歳母に、鴻上尚史が指南した「健康的に自立」させる方法

    dot.

    9/15

    いちばん難しいのは「母娘介護」? 過去のしがらみで復讐も

    いちばん難しいのは「母娘介護」? 過去のしがらみで復讐も

    週刊朝日

    12/2

  • 議論再燃の「3歳児神話」 専門家は「高度成長期の考え方」とバッサリ

    議論再燃の「3歳児神話」 専門家は「高度成長期の考え方」とバッサリ

    AERA

    6/4

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す