家康くん、天下を獲る! ゆるキャラGP、地元で逆転V 見事「出世運」を証明 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

家康くん、天下を獲る! ゆるキャラGP、地元で逆転V 見事「出世運」を証明

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
栄冠に輝いた家康くん

栄冠に輝いた家康くん

 全国のご当地キャラクターの人気ナンバーワンを決める「ゆるキャラグランプリ2015」が11月23日、静岡県浜松市・渚園特設会場で開催され、地元・浜松のご当地キャラ「出世大名家康くん」が優勝を飾った。準優勝は愛媛県の「みきゃん」、3位は埼玉県深谷市の「ふっかちゃん」となった。

 順位は事前のインターネット投票と、当日会場で行われた決選投票で決定した。ネット投票では、「みきゃん」がトップ、次いで2位が「家康くん」、3位が「ふっかちゃん」という結果だったが、これを「家康くん」が、現地で行われた決選投票で覆した形となった。

 優勝キャラクターとしてその名が呼ばれると「皆々様、ありがとうなのじゃ!」と勢いよく叫んだ「家康くん」。「本当にこの3日間、浜松市渚園特設会場に来てくれてありがとうなのじゃ!」と喜びを爆発させた。

 「出世大名家康くん」は、静岡県浜松市の「はままつ福市長」として活動するご当地キャラクターで、徳川家康の生まれ変わりという設定だ。徳川家康が築いたとされる浜松城は、譜代大名がその後出世したことから「出世城」とも呼ばれている。これにあやかって、家康の生まれ変わりである「家康くん」にも出世運を授ける力があるとのことで、当日も「ここにきた皆々様、レッツ出世じゃ!」と人々の出世運アップを叫ぶ姿が見られた。

 史上最高1727キャラが集結した今回のグランプリで、見事その出世運を証明した「家康くん」。これからは多くの人の出世運をアップさせるべく、全国を奔走する姿が見られるかもしれない。

(ライター・横田 泉)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい