セックスなし? SNSで「セカンド・パートナー」を探す女性の“驚愕実態” (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

セックスなし? SNSで「セカンド・パートナー」を探す女性の“驚愕実態”

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
なかにはSNSで5人のパートナーを見つけた女性も…

なかにはSNSで5人のパートナーを見つけた女性も…

 友達以上、不倫未満――肉体関係は伴わない、だが互いの配偶者が離死別したならば、そのときは一緒になろうと将来を誓い合う、「セカンド・パートナー」を持つ既婚女性が増えている。とりわけ、都市部のキャリア女性、もしくは主婦であることに優先順位を置きつつも、時折、キャリア職として働く、“ちょいキャリ”と呼ばれる40歳を超えた既婚女性にその傾向が顕著だ。そんな彼女たちは、いったいどこで、どうやってセカンド・パートナーと知り合ったのだろうか。彼女たちの赤裸々な声を聞いた。

 東京都内に住むバレエ講師のナナコさん(42)は、週に1日、子どもたちにバレエを教えながら、主婦として家事をこなす、いわゆる“ちょいキャリ”だ。大手金融機関に勤務する夫(50)との間には、現在、小学校5年生の男の子がいる。

 そんなナナコさんと大学教員のセカンド・パートナー男性(45)との出会いは、「mixi」、つまり“SNS”だったという。

「家庭に何か不満があるか……といえば何もありません。夫はとても優しく、子どもも順調に育ってくれています。その恵まれたゆえの“退屈さ”が唯一の不満でした。だからこそ当時は、よくmixiを更新していました。家族で食事に行った様子、バレエの発表会、そして自撮り写真をアップしていたものです」(ナナコさん)

 ナナコさんがSNSをはじめたのは今から約10年前、2005年のこと。この頃、ナナコさんは、「男性との出会いをまったく求めてはいなかった」という。確かに、夫の年収1400万円、東京郊外の一戸建てで暮らす生活には、日々の些細な不満はあっても特に不自由は感じていなかった。しかし、“転機”が訪れる。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい