国分太一が結婚生報告 「僕の方が好きになっていきました」 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

国分太一が結婚生報告 「僕の方が好きになっていきました」

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#結婚
ご結婚おめでとうございます!(※イメージ)

ご結婚おめでとうございます!(※イメージ)

 9月11日に結婚したTOKIOの国分太一(41)が14日、MCを務める情報番組「白熱ライブ ビビット」(TBS)に出演し、結婚を生報告した。

 3歳年下の元TBS社員Aさん(38)とは約7年の交際期間だったが、国分は「僕が引っ張るというよりは、かなり引っ張ってくれて尊敬できる」と明かし、「僕の方が好きになっていきました」と笑顔でコメントした。

 TOKIOでは山口達也(43)に続き2人目の既婚者となった国分だが、結婚の決め手については昨年のTOKIOのデビュー20周年が一つの節目だったという。国分は番組のなかで「自分の中でもう一つステージをあげたいと思い、その先に結婚があった」と語った。

 先週末にはTOKIOの城島茂(44)、NEWSの小山慶一郎(31)、歌手・中山優馬(21)とジャニーズ事務所の所属タレントも祝福の声を寄せた。城島は、情報・報道番組「週刊ニュースリーダー」(テレビ朝日系)に生出演し、「緊急会議で彼が先週、話があるって」と秘話を明かした

小山も3年ぶり主演舞台「グレート・ネイチャー」の初日を前に、「おめでとうございます。NEWSのアルバムにウエディングソングがあるので渡してみたい」と祝福した。

 ミュージカル「ドリームボーイズ」に主演する中山は「ご結婚おめでとうございます。ご夫婦で見に来てくれたらすごくうれしいです。お待ちしております」とコメント。

 ジャニーズ事務所社長、ジャニー喜多川氏(83)も、自身が作・構成・演出を手掛ける「ドリームボーイズ」の初日に、「2、3日前、きちっと電話をいただいて、感動しました。おめでたいです。国分は真面目でちゃんと仕事をやっています。(結婚は)当たり前だと思いますよ。良かったと思います」と祝福した。

 また、所属タレントの結婚について「自分の責任で、適齢期になったら遠慮なく結婚するべきです」などと語った。

(ライター・浜中こまき)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい