3兄弟を東大に合格させた“プロママ”が最も重視したこと (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

3兄弟を東大に合格させた“プロママ”が最も重視したこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
『受験は母親が9割 灘→東大理Ⅲに3兄弟が合格!』(朝日新聞出版)佐藤亮子著定価:1,404円(税込み)Amazonで購入する

『受験は母親が9割 灘→東大理Ⅲに3兄弟が合格!』(朝日新聞出版)
佐藤亮子著
定価:1,404円(税込み)
Amazonで購入する

 長男、次男、三男の3人を、関西一の名門校と言われる灘校(灘中学校、灘高等学校)へ進学させ、さらに3人全員を最難関で知られる東大理科III類(医学部/通称・理III)に合格させた佐藤亮子氏。

 そんなゴッドマザーこと“プロママ”の佐藤氏は、著書『受験は母親が9割 灘→東大理Ⅲに3兄弟が合格! “プロママ”のスーパーメソッド』(朝日新聞出版)で、自身の教育方法を惜しみなく披露している。

 意外なことに、佐藤氏自身「学力至上主義」ではないという。3兄弟の実績から、学歴コレクターなのかと思われがちだが、「考えていたのは、子どもたちの可能性をめいっぱい伸ばして、最良の人生に送り出すことだけ。それぞれの子を最大限、手助けしようと思っていました」(同書より)と述べている。

 一方でたとえどんな立派な肩書の専門家が書いた育児書でも、そのまま実践してはいけないと断言。子育てに臨む際、教育熱心な佐藤氏は、あらゆる育児書に目を通したが、子どもには1人1人個性があり、性格や体質も異なる。情報にすぐ飛びつくのではなく、自身で考えて教育すべきだと訴えている。

 何事も鵜呑みにせず、自分の頭で考えるという佐藤氏の姿勢が、最も顕著に表れたのが文部省(現・文部科学省)の方針への疑問だ。

 長男が生まれた時期は、文部省が、「ゆとり教育」を提唱し始めた頃と重なる。従来の詰め込み教育は否定され、週休5日制の導入で、授業時間は削られた。

 これに対して佐藤氏は“知識の蓄積があるからこそ、応用力が生まれる、暗記は脳が若いうちにやる方が良いはずだ”と、当時の文部省の方針に、不信感を抱いた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい