サッカー日本代表監督 ハリルホジッチ就任が決定的!“変幻自在”の戦術に注目だ! 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

サッカー日本代表監督 ハリルホジッチ就任が決定的!“変幻自在”の戦術に注目だ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
バヒド・ハリルホジッチ氏のサッカー日本代表監督への就任が決定的と報じたアルジェリアメディアのサイト

バヒド・ハリルホジッチ氏のサッカー日本代表監督への就任が決定的と報じたアルジェリアメディアのサイト

 日本代表の新監督に、元アルジェリア代表監督のバヒド・ハリルホジッチ氏の就任が決定的となった。3月12日に開かれる日本サッカー協会理事会で承認されれば、正式に「ハリルホジッチ・ジャパン」が誕生する。

 ハリルホジッチ氏は旧ユーゴスラビア(現ボスニア・ヘルツェゴビナ)生まれの62歳。現役時代はユーゴスラビア代表として1982年のスペインW杯などに出場した。一方、指導者としては、フランス・リーグの「レンヌ」や「パリ・サンジェルマン」などで手腕を発揮したほか、コートジボワールやアルジェリアといった代表チームの監督も歴任している。

 とりわけ、その実力が発揮されたのは、昨年に開かれたブラジルW杯だ。アルジェリア代表を率いたハリルホジッチ氏は、チームを初のベスト16に導いている。決勝トーナメント1回戦では、惜しくも、優勝したドイツに延長戦の末、1-2で敗れたが、優勝チームを最も苦しめたチームとして、世界的にも高く評価された。

 八百長疑惑が浮上したアギーレ氏が、2月3日に代表監督を解任され、誰が新監督に就任するか、注目されていた。スポーツ新聞では、元デンマーク代表のミカエル・ラウドルップ氏や元鹿島のオズワルド・オリヴェイラ氏など、20人近い名前が紙面を飾った。

 なぜ、これほど多くの監督候補が報じられたのか。背景にはこんな事情がある。ヨーロッパのリーグは、シーズンの折り返し点を過ぎ、そろそろ来シーズンに向けて各チームが監督人事で動きだす時期でもある。日本代表監督として取り上げられた人物が「日本のオファーを断った」と自分はフリーであることをアピールしたかったのだろう。また、その代理人が日本代表の監督に売り込もうと、日本サッカー協会と交渉していないにもかかわらず、メディアに監督候補としてリークするなど…まさに「珍騒動」といえる状況だった。

 さて、ハリルホジッチ氏に話を戻そう。さきほど、ブラジルW杯の好成績について触れたが、もうひとつ評価されている点がある。2008年から率いたコートジボワールの代表監督としての実績だ。彼は、コートジボワールで“超攻撃的なチーム”を作ったのだ。南アフリカW杯予選では、8勝4分けで突破して、同国を2度目のW杯出場に導いた。その内容をみると、失点はわずか6点で、得点は29点もあげている。だが、優勝を期待されたアフリカ選手権でベスト8に終わり、W杯の本大会を目前に解任されてしまう。

 しかし、ハリルホジッチ氏はリベンジを果たす。2011年にアルジェリア代表監督に就任。従来のていねいにパスをつなぐ同国のサッカーに、強固な守備力を加えた。そして素早い攻守の切り替えからのカウンターや徹底したサイドアタックを導入したのだ。本大会の予選リーグでは、1-2でベルギーに敗れたが、続く韓国戦は4-2で勝利を収めた。さらに第3戦のロシアには1-1で引き分けて、ベスト16に進出した。

 とりわけ、注目されたのは、試合ごとで変化するシステムだ。ベルギー戦ではオーソドックスな「4-3-3」を採用して敗北すると、次の韓国戦は先発メンバーを5人入れ替えて守備重視の「5-4-1」に変更し、カウンターなどからゴールを重ねて勝利を収めた。それは、第3戦のロシア戦でも発揮される。攻守にフレキシブルな「4-2-3-1」にシステムを変更すると、先制されながらも後半の猛攻でドローに持ち込みグループリーグを突破した。

 変幻自在といえる戦術は、決勝トーナメント1回戦のドイツ戦でも効果的だった。守備的布陣の「5-1-3-1」から、試合途中で攻撃に比重を置いた「4-2-3-1」に変更して、ドイツを延長戦まで追い詰めた。

 ブラジルW杯後、ハリルホジッチ氏はトルコのクラブチーム「トラブゾンスポル」の監督に就任したが、任期途中で契約解除され、現在はフリーだった。この点も日本には幸いした。気難しい性格と言われ、選手やクラブ首脳との衝突も絶えなかったが、それだけ信念を曲げない強い自負といえるだろう。今の日本代表は、“団結心”はあるが、“仲良しクラブ”にもみえる。そこに競争意識を植え付ける可能性を感じさせる指揮官なのだ。彼の就任により、選手はよりタフなハードワークを求められることは間違いない。攻守の切り替えの速さによるサイド攻撃とカウンターがハリルホジッチ流だが、一つ問題があるとすれば、現在の日本にはサイドアタッカーが不足していること。これをどう解決するのか。こちらも見ものである。

(サッカージャーナリスト・六川亨)


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい