金、人、モノ…すべて「地元産」 小田原市が実践する究極の再生可能エネルギーとは

2014/12/06 09:48

 太陽光や風力など再生可能エネルギー事業は大きく分けて、外部主導のものと地域主導のものがある。外部主導の場合、地域外の企業が事業を運営し、売電収入を得るため、地元への利益は限定的だ。

あわせて読みたい

  • 日本の再生可能エネルギー、その可能性と現実

    日本の再生可能エネルギー、その可能性と現実

    BOOKSTAND

    8/10

    再エネの買い取り中止で被災地から「青天の霹靂」と悲鳴

    再エネの買い取り中止で被災地から「青天の霹靂」と悲鳴

    週刊朝日

    10/23

  • 太陽光発電、オフグリッドで普及を目指す・藤野電力

    太陽光発電、オフグリッドで普及を目指す・藤野電力

    dot.

    11/9

    "原発ゼロの夏"に考える、これからのエネルギー社会

    BOOKSTAND

    7/18

  • 「ご当地電力」が全国ネット化 「みんなの電事連」発足

    「ご当地電力」が全国ネット化 「みんなの電事連」発足

    AERA

    3/16

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す