孫の教育費をねだるなら祖父? 意外な調査結果が明らかに 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

孫の教育費をねだるなら祖父? 意外な調査結果が明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加
可愛い孫のためなら…。(写真はイメージです。)

可愛い孫のためなら…。(写真はイメージです。)

 一昔前に流行った「教育ママ」という言葉にみるように、子どもの教育に熱心なのは女性というイメージがある。しかし最近は、どうやらその限りでもないらしい。ある調査によると、実は意外に教育熱心な「祖父」の存在が明らかになった。

 調査を行ったのはシニア向け宿泊予約サービスを提供する株式会社ゆこゆこ。税制改正により「孫への教育資金一括贈与に係る贈与税の非課税措置」がとられることを受け、メールマガジン会員の中から「同居・別居の孫がいる男女」を対象に、孫の教育に関するアンケート調査を実施した(有効回答件数1,292人)。

 アンケートでは「孫の教育に関心があるか」という質問に対し、全体の76%が「関心がある」と回答。これを男女別に見たところ、男性が79%、女性が67%と、祖父がより高い関心を示していることが分かった。

 また、今回の「孫への教育資金一括贈与に係る贈与税の非課税措置」に関しても、知っていると回答したのは男性が86%、女性が80%と祖父の方が高い割合に。ちなみに使い道としては「高校・大学進学時の学費」の他、「留学」「塾」「習い事」費用の援助などが挙げられた。

 この調査結果から、教育費をねだるなら「進学のタイミング」で「祖父」に相談すると、聞いてもらえるかもしれない可能性が高いことが明らかになった。では具体的に、どのくらいの額なら出してもらえるのだろうか。

 孫への教育資金贈与金額についての活用意向については、最も多かったのは「300万円未満」で46%。次いで多かったのは「わからない」で36%となった。この理由としては「教育は親の義務なので手出ししない」といった、もっともな理由のほか「自分たちの老後資金で精一杯」というシビアな声も。やはりそう簡単にはいかないのかもしれない。

 そのほかの回答としては「300万円~600万円未満」が13%、それ以上の額となるとさすがにひとけた台のパーセンテージに。しかし、「300万円~600万円未満」「900万円~1200万円未満」「1200万円~1500万円未満」のを男女別にみたところ、それぞれの額で男性が女性を上回り、ここでも祖父の教育熱心ぶりがうかがえた。

 子どもが大きくなるにつれて、額も大きくなる教育費。経済状況は家庭によってさまざまだが、いざというときは祖父を頼りにしてみると、案外応えてくれる可能性が高いのかもしれない。

【関連リンク】
株式会社ゆこゆこ
http://www.yukoyuko.co.jp/


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい