各社がしのぎをけずる小型車市場 日産ノートが“ベストバランス”と高評価の理由

2013/01/29 15:52

 ホンダのNシリーズ(軽自動車)、トヨタのアクア(コンパクトハイブリッド)など、各社が次々と自信作を送り出し注目を浴びている小型車市場。いまや小型車選びの最低条件となっているエコカー減税を達成する燃費のみならず、室内空間の広さや走行性能、価格など、各社がさまざまなアピール合戦を繰り広げている。そんななか、「ベストバランス」という評価で人気なのが、ガソリン車のコンパクトカー、日産ノートだ。現在、発売以来4ヶ月連続でガソリン登録車販売台数1位を記録し続け、2013年次の「RJC カー オブ ザ イヤー」も受賞するなど絶好調。その人気の理由を、日産自動車マーケティング本部のマーケティング・ダイレクターを務める小林恭彦氏に聞いた。

あわせて読みたい

  • 世代別クルマ選びのすすめ 子離れするとセダンに回帰

    世代別クルマ選びのすすめ 子離れするとセダンに回帰

    週刊朝日

    11/23

    昨年デザイン賞も受賞したのに… 日産「キューブ」生産終了

    昨年デザイン賞も受賞したのに… 日産「キューブ」生産終了

    週刊朝日

    9/13

  • トヨタ「プチバン」市場に参入 2台同時に発売

    トヨタ「プチバン」市場に参入 2台同時に発売

    週刊朝日

    7/24

    三菱燃費データ不正問題 背後に「ゴーン氏の策略」のにおい?

    三菱燃費データ不正問題 背後に「ゴーン氏の策略」のにおい?

    AERA

    5/17

  • 保険、自動ブレーキ…高齢者にとって車はコスト高 タクシーなら2キロ×30回+20キロ×4回乗っても5万円

    保険、自動ブレーキ…高齢者にとって車はコスト高 タクシーなら2キロ×30回+20キロ×4回乗っても5万円

    AERA

    5/11

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す