なぜ日本人は「空気」に左右されるのか? 旧日本軍から豊洲問題まで、組織を陰で支配するもの

2016/11/14 16:30

 築地市場の豊洲移転問題で再び注目を集める、日本の組織を支配する「空気」の存在。戦時中における旧日本軍の意思決定から、東日本大震災の対応、東芝の粉飾決算など、私たちのメンタリティは今も変わっていない。なぜ、日本人は同じ失敗を繰り返すのか?なぜ日本企業は変われないのか?14万部のベストセラーとなった『「超」入門 失敗の本質』の著者が、日本的組織のジレンマを読み解く。

あわせて読みたい

  • 菅政権と日本軍に共通する「失敗の本質」 戦後も受け継がれる組織的欠陥

    菅政権と日本軍に共通する「失敗の本質」 戦後も受け継がれる組織的欠陥

    AERA

    7/3

    『失敗の本質』共著者が指摘 「東芝はノモンハン事件そっくり」

    『失敗の本質』共著者が指摘 「東芝はノモンハン事件そっくり」

    AERA

    4/16

  • 日本人論の名著『「空気」の研究』が教える 同調圧力に押し潰されない4つの方法

    日本人論の名著『「空気」の研究』が教える 同調圧力に押し潰されない4つの方法

    ダイヤモンド・オンライン

    1/21

    石原都政の議事録を入手、徹底検証 キーマンの元副知事が激白

    石原都政の議事録を入手、徹底検証 キーマンの元副知事が激白

    週刊朝日

    1/26

  • 首里城再建で注目される日本軍の地下遺構とは? 保存・公開へ「司令官の孫」が思い語る

    首里城再建で注目される日本軍の地下遺構とは? 保存・公開へ「司令官の孫」が思い語る

    AERA

    1/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す