日本で売春を強要されたコロンビア人女性が証言する人身売買の闇

2016/11/14 14:33

 米国国務省が毎年発表する人身取引年次報告書の2016年版で、日本は「人身取引撲滅のための最低基準を十分には満たしていない」と評価されている。しかし、日本に人身取引の被害者がいると聞いてピンとこない人も多いのではないだろうか。『サバイバー 池袋の路上から生還した人身取引被害者』は、1999年に来日し、セックスワーク(売春行為)を強要されていたコロンビア人女性の手記だ。コロンビアでベストセラーになったという本書について、ジャーナリストの安田浩一さんに話を聞いた。

あわせて読みたい

  • 月給5万、休みは年3日 外国人実習生の過酷な実態

    月給5万、休みは年3日 外国人実習生の過酷な実態

    週刊朝日

    4/7

    おやつ代まで搾取! 外国人技能実習生の苦悩

    おやつ代まで搾取! 外国人技能実習生の苦悩

    週刊朝日

    2/19

  • 労働不足解決の切り札 「1億総活躍」より「外国人現場監督」

    労働不足解決の切り札 「1億総活躍」より「外国人現場監督」

    AERA

    7/20

    ベトナム人実習生「日本の接待費用も負担」の裏事情 手数料は最低賃金の80倍

    ベトナム人実習生「日本の接待費用も負担」の裏事情 手数料は最低賃金の80倍

    AERA

    7/27

  • 技能実習生の「失踪」が過去最多に 背景に過酷な経済状況

    技能実習生の「失踪」が過去最多に 背景に過酷な経済状況

    AERA

    11/21

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す