コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗

このエントリーをはてなブックマークに追加
田原総一朗

田原総一朗

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年、滋賀県生まれ。60年、早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社。64年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。77年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。98年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。早稲田大学特命教授を歴任する(2017年3月まで)。 現在、「大隈塾」塾頭を務める。『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数

  • NEW

    田原総一朗「北方領土で精いっぱいの安倍首相 内政への余力はない」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏がいまの米中、日ロの関係について解説する。*  *  * 11月30日から12月1日にかけて、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで、主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が開催された。“新・冷戦”と呼ばれている米中関係激化の中で、トランプ大...

  • 田原総一朗「入管法改正だけではない“暴挙”を連発する安倍内閣」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は強行採決を連発する安倍政権を批判する。*  *  * 自民党が11月27日に出入国管理法改正案を衆院本会議で強行採決した。 現在は深刻な人手不足であり、そのために外国人労働者の受け入れを拡大すること自体には野党も反対していない。多くの国民も同じ思いだと思う。 だが、外...

  • 田原総一朗「日産ゴーン排除はルノーとの統合阻止狙う政府絡み?」

    ギロン堂 週刊朝日

     役員報酬をめぐる有価証券報告書の過少記載事件で逮捕された、日産自動車のカルロス・ゴーン前会長。ジャーナリストの田原総一朗氏は、逮捕のタイミングに疑念を抱く。*  *  * 日産自動車の代表取締役会長カルロス・ゴーンが、11月19日に東京地検特捜部に逮捕された。 ゴーンは、ケリー代表取締役と共謀して...

  • 田原総一朗「来年1月“2島返還”進展か 安倍首相の手応えとは?」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は北方領土問題の行方を推測する。*  *  * 安倍晋三首相は11月14日にシンガポールで、ロシアのプーチン大統領と会談した。会談は想定より30分ほど長い約1時間半に及んだ。うち約40分は両首脳だけの会談で、この間に平和条約と、さらには北方領土問題についても話し合われた...

  • 田原総一朗「下院敗北もトランプ揺るがず、米中新冷戦は加速する」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は米・中間選挙の結果とその影響について解説する。*  *  * 世界中が注目していた、米国の上下両院の中間選挙の結果が判明した。 上院は事前から予想されていたとおり、共和党が過半数を保ったが、下院は民主党が過半数を獲得した。選挙が近づくにつれて、トランプ大統領の共和党が...