コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗

このエントリーをはてなブックマークに追加
田原総一朗

田原総一朗

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年、滋賀県生まれ。60年、早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社。64年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。77年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。98年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。早稲田大学特命教授を歴任する(2017年3月まで)。 現在、「大隈塾」塾頭を務める。『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数

  • NEW

    田原総一朗「沖縄での惨敗、内向きな改造で死に体化する安倍政権」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、第4次安倍改造内閣の課題を指摘する。*  *  * 第4次安倍改造内閣がスタートした。任期は残り3年である。3年で終わらなければならない。常識的に言えば、こうした政権はレームダックとなる可能性が高い。だからこそ、中国の習近平国家主席など、少なからぬ権力者が任期を引き...

  • 田原総一朗「安倍首相の神経のゆるみが石破氏大健闘を招いた」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、自民党総裁選を振り返る。*  *  * 9月20日の自民党総裁選で、石破茂氏が予想外の大健闘をした。国会議員票はせいぜい五十数票と見られていたのに73票を獲得し、地方票は150票取れれば健闘と見られていたのに、なんと181票を獲得した。おそらく、石破氏自身も予想して...

  • 田原総一朗「陸自を多国籍軍派遣へ 軍事力強化の狙いは?」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、新聞が一面トップで報じた防衛省にかかわる話題を取り上げ、日本の未来に問題提起をする。*  *  * 9月17日の朝日新聞が、1面トップで次のような報道をした。<防衛省が海上自衛隊の潜水艦を南シナ海へ極秘派遣し、東南アジア周辺を長期航海中の護衛艦の部隊と合流させて、1...

  • 田原総一朗「総裁選を前にたるみきった自民党に強い危機感」

    ギロン堂 週刊朝日

     安倍晋三首相の優勢との見方が強い自民党総裁選。ジャーナリストの田原総一朗氏は、自民党の劣化であると強く批判する。*  *  * 20日の自民党総裁選をめぐって、安倍晋三首相と石破茂元幹事長が、激しい一騎打ちを繰り広げている。 ただ、この一騎打ちがいまひとつ盛り上がらないのは、初めから決着がついてし...

  • 田原総一朗「世界から3周遅れ。日本にAI研究者がいない理由」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、日本にAI研究者がいない理由を解説する。*  *  * 8月31日に、「朝まで生テレビ!」で、人工知能を取り上げて放送した。大変反応が強く、人工知能の便利さと怖さがはじめてわかったという視聴者が非常に多かった。 人工知能は私たちを幸せにするのか、それとも絶望のどん底...