矢部万紀子

矢部万紀子(やべまきこ)1961年三重県生まれ、横浜育ち。コラムニスト。1983年朝日新聞社に入社、宇都宮支局、学芸部を経て「AERA」、経済部、「週刊朝日」に所属。週刊朝日で担当した松本人志著『遺書』『松本』がミリオンセラーに。「AERA」編集長代理、書籍編集部長をつとめ、2011年退社。同年シニア女性誌「いきいき(現「ハルメク」)」編集長に。2017年に(株)ハルメクを退社、フリーに。著書に『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』、『美智子さまという奇跡』。

  • 佐藤仁美さん祝「anan」グラビア! だけど12キロ痩せて正解だった?

    佐藤仁美さん祝「anan」グラビア! だけど12キロ痩せて正解だった?

     佐藤仁美さんは、痩せてよかったのだろうか。 その疑問が頭から離れない。 61.6キロあったのが、3ヶ月で49.4キロに。ライザップで12.2キロ痩せた。身長156センチの、今年39歳になる1人の女性

    dot.

    6/25

  • 「有働由美子さんのまぶし過ぎる明るい“野心”」矢部万紀子

    「有働由美子さんのまぶし過ぎる明るい“野心”」矢部万紀子

     有働由美子さんのことを考える時、どうしても思い出してしまう光景がある。 昨年10月の「あさイチ」だった。その日は「金曜プレミアムトーク」で、ゲストが伊東四朗さん。伊東さんは江戸っ子らしく「ひ」と「し

    dot.

    6/11

1 2 3 4 5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す