(4ページ目)コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

諏訪原健

このエントリーをはてなブックマークに追加
諏訪原健

諏訪原健

諏訪原健(すわはら・たけし)/1992年、鹿児島県鹿屋市出身。筑波大学教育学類を経て、現在は筑波大学大学院人間総合科学研究科に在籍。専攻は教育社会学。2014年、SASPL(特定秘密保護法に反対する学生有志の会)に参加したことをきっかけに政治的な活動に関わるようになる。2015年にはSEALDsのメンバーとして活動した

  • 元SEALDs 諏訪原健「女性専用車両は男性差別という社会風土の弊害」

    20代の処方箋 dot.

     1週間ほど前のことだろうか、SNSを見ていたら、イギリスで女性専用車両の導入に反対意見が挙がっているというニュースを目にした。はじめは「どうして反対するのだろう?」と思ったが、理由を見たら納得した。その理由とは、「性犯罪を常態化させてしまうことになるから。」というものだった。女性専用車両を設ければ...

  • 元SEALDs 諏訪原健「奨学金残酷物語 家庭崩壊した25歳の女性の苦悩」

    20代の処方箋 dot.

     奨学金による自己破産者は1万人を超えると言われている中、多額の奨学金返済を背負い、その思いをコラムで書いている元SEALDs諏訪原健さん。奨学金に翻弄され続けた地方公務員の女性(25)のケースを取材した。*  *  *「奨学金のことがなかったら、今頃家族は仲良くしていたんじゃないかと時々思うことが...

  • 元SEALDs 諏訪原健「僕が頭をガツンと殴られた戦争論」

    20代の処方箋 dot.

     戦後72年にあたる今夏もまた、8月15日に終戦記念日がやってくる。元SEALDs諏訪原健さんはこの日を前に、夏休みの宿題で「戦争」をテーマに作文を書いたことを思い出したという。*  *  * 小学校高学年くらいの頃、夏休みの宿題で「戦争」を題材に作文を書くことにした。予科練だった祖父に戦争体験を聞...

  • 元SEALDs 諏訪原健「蓮舫氏の二重国籍問題など残念過ぎる民進党の多様性」

    20代の処方箋 dot.

     安倍政権の支持率急落という絶好の好機に二重国籍問題などで孤立した蓮舫氏が代表を辞任するなど相変わらずの民進党。元SEALDsの訪原健さんがそんな民進党にかねてより抱いていた違和感とは?*  *  * 「野党共闘」で戦うことが注目された、2016年夏の参院選。安保法制以来の市民運動の流れの中で、私自...

  • 元SEALDs 諏訪原健「またかと思う奨学金に対する世代間ギャップ」

    20代の処方箋 dot.

     多額の奨学金返済を背負い、その苦しい思いをこのコラムで何度か、書いている元SEALDs諏訪原健さん。奨学金問題の是非はいつも激しい論争が巻き起こるが、そこには世代間ギャップがあるのではないかと分析する。*  *  *「早く奨学金返しなさいね」 講演や集会などで、奨学金問題について話をした後、時々こ...

おすすめの記事おすすめの記事