内田樹〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

内田樹

内田樹

内田樹

内田樹(うちだ・たつる)/1950年、東京都生まれ。思想家・武道家。東京大学文学部仏文科卒業。専門はフランス現代思想。神戸女学院大学名誉教授、京都精華大学客員教授、合気道凱風館館長。近著に『街場の天皇論』、主な著書は『直感は割と正しい 内田樹の大市民講座』『アジア辺境論 これが日本の生きる道』など多数

  • NEW

    内田樹「差別、ルッキズム、ホロコースト…憲章の『根本原則』から程遠い東京五輪」

    eyes 内田樹 AERA

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 五輪憲章はJOCのホームページで読むことができる。その「根本原則」は「オリンピズムとは一つの生きる哲学である」という言葉から始まる。「オリンピズムは努力することの歓(...

  • 内田樹「座視できない五輪の無理押し 今こそ再び、五輪中止を求める」

    eyes 内田樹 AERA

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 再び五輪中止を求める。「その話はもう飽きた」という読者もおられるだろうが、このまま五輪強行開催を座視することは私は市民として耐えがたい。最後まで五輪中止を訴え続けたい...

  • 内田樹「暴走する政府と組織委 五輪有観客開催を強行するなら科学的根拠を」

    eyes 内田樹 AERA

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 東京五輪有観客開催に向けて、政府と組織委の暴走が止まらない。パンデミックが終息にほど遠い状態で、大量の人口移動と接触機会の増大を伴う五輪開催は理性的に考えてあり得ない...

  • 内田樹「戦中派の集団的合意で封印した戦争 歴史修正主義者たちの跳梁を許すことに」

    eyes 内田樹 AERA

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 理事をしている大学から社会人対象のリカレントカレッジの教養講座3回分の講師を頼まれたので、「映画と戦争」という演題を選んだ。戦争にかかわる映画を見てから、それを素材に...

  • 内田樹「感染リスクを確実に増大させる東京五輪 開催に固執する真の理由とは」

    eyes 内田樹 AERA

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * ワクチン接種の案内がうちにも届いた。かかりつけの病院に電話をしたら、予約に来てくださいと言われた。歩いて5分の病院の待合室で1時間ほど待って予約を済ませた。1回目の接...

おすすめの記事おすすめの記事