AERA dot.

内田樹

このエントリーをはてなブックマークに追加
内田樹

内田樹

内田樹(うちだ・たつる)/1950年、東京都生まれ。思想家・武道家。東京大学文学部仏文科卒業。専門はフランス現代思想。神戸女学院大学名誉教授、京都精華大学客員教授、合気道凱風館館長。近著に『街場の天皇論』、主な著書は『直感は割と正しい 内田樹の大市民講座』『アジア辺境論 これが日本の生きる道』など多数

  • NEW

    内田樹「一部の国内一流企業の経営者は、会社経営にまったく向いていない」

    AERA

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 企業不祥事が続く。東芝、三菱自動車、日産自動車、神戸製鋼所など日本を代表する製造業の経営者たちがフラッシュを浴びて深々と頭を下げる絵柄を繰り返し見せられた。東芝は会計...

  • 内田樹「かかわり回避する感受性を涵養しよう」

    AERA

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 座間市の連続殺人と死体遺棄事件は、日本では珍しい「シリアルキラー」事件であった点と、ツイッターを利用して被害者を誘導していた手口の特異性で内外のメディアの注目を集めた...

  • 内田樹「日本の教育は手遅れだが、韓国はまだ…」

    AERA

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * いま光州のホテルでこれを書いている。韓国に講演旅行に来るのはこれで6年目。ここしばらくはいくつかの自治体の教育監(日本の教育長に当たる)の招待で来ている。 韓国は日本...

  • 内田樹「今後の対立軸は政策より『語り口』」

    AERA

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 総選挙が終わった。印象に残ったことを二つだけ記しておく。 一つは日本維新の会と希望の党の凋落(ちょうらく)である。維新は金城湯池の大阪で15人擁立して8人落選という惨...

  • 内田樹「政治が変わるとしたら国に関与する実感だ」

    AERA

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 総選挙が公示された。選挙のたびに結果を予測しているが、あまり当たらない。外れる理由の一つは投票率がつねに私の予想より大幅に低いせいである。私の眼にはいくつかの政治的選...