姜尚中〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

姜尚中

このエントリーをはてなブックマークに追加
姜尚中

姜尚中

姜尚中(カン・サンジュン)/1950年熊本市生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了後、東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授などを経て、現在東京大学名誉教授・熊本県立劇場館長兼理事長。専攻は政治学、政治思想史。テレビ・新聞・雑誌などで幅広く活躍

  • NEW

    姜尚中、日韓関係の“矛盾”「限りなく小さくすることは可能」

    eyes 姜尚中 AERA

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * ひと頃、左翼的な用語で「敵対的矛盾」と「非敵対的矛盾」という言葉がはやったことがあります。前者は、利害が根本的に対立するがゆえに、力でしか解決されない勢力間の矛盾...

  • 姜尚中、次の年号は「『実』を表す言葉が出てくるかも」

    eyes 姜尚中 AERA

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 2018年の世相を表す漢字に選ばれたのは、「災」でした。これには驚いた方も多かったのではないかと思います。 平成最初の1989年、そこにみなぎっていたのは新時代へ...

  • 姜尚中「『ゴーン型』コーポレート・ガバナンス増える可能性も」

    eyes 姜尚中 AERA

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 日産自動車のカルロス・ゴーン前会長は、まるで御者が3頭立ての馬車をうまく扱うかのごとく、日産、ルノー、三菱自動車という三つの世界的な企業の経営で実績を上げ、同時に...

  • 姜尚中、元徴用工問題は「問題の本質からずれてしまっている」

    eyes 姜尚中 AERA

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 徴用工判決後、「国交断絶」「外交戦争」などと声高に叫ぶ人がいるほど、日韓関係は急速に悪化しています。残念なことに、反日と嫌韓の「国家と国家」「ナショナリズムとナシ...

  • 姜尚中「元徴用工問題は、日韓だけの問題ではない」

    eyes 姜尚中 AERA

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 韓国の元徴用工への損害賠償をめぐる問題について考える前に、日韓国交正常化と元徴用工にまつわる合意ができた背景を知っておくべきでしょう。 日韓の国交は1965年に正...