姜尚中〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

姜尚中

このエントリーをはてなブックマークに追加
姜尚中

姜尚中

姜尚中(カン・サンジュン)/1950年熊本市生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了後、東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授などを経て、現在東京大学名誉教授・熊本県立劇場館長兼理事長。専攻は政治学、政治思想史。テレビ・新聞・雑誌などで幅広く活躍

  • NEW

    姜尚中「北朝鮮の動きは暴走ではなく『試金石』、今後問われるのは韓国側の舵取りだ」

    eyes 姜尚中 AERA

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 韓国の財閥令嬢と北朝鮮の将校の恋愛ドラマ「愛の不時着」が日本でも大変話題となっていますが、韓国においても北朝鮮のイメージが一般民衆レベルで変わるくらいのインパクト...

  • 姜尚中「縁故資本主義の日本は中国の国家資本主義を嗤えない」

    eyes 姜尚中 AERA

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  *  実体経済が傷み、生存経済が破綻し、それが金融崩壊にまで悪化の一途を辿るとすれば、最後の防波堤は国家以外にはありえません。それは、90年ほど前の世界恐慌の後の「大...

  • 姜尚中「現政権の機能不全と、正当性ないがしろの権力闘争がコロナで露呈した」

    eyes 姜尚中 AERA

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 渦中の検察ナンバー2の不祥事による辞任、さらに国家公務員定年延長と「束ね法案」となった検察庁法改正案をめぐる官邸と政権与党の迷走ぶり。政府の統治能力は機能不全に陥...

  • 姜尚中「コロナ禍の息苦しさが『自粛警察』というファシズムを引き起こしている」

    eyes 姜尚中 AERA

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  *  コロナ禍で息苦しく、酸欠状態で死にそう、そんな思いが広がっているのではないでしょうか。なぜこんなに息苦しいのかを少し考えてみましょう。 イタリアが生んだ偉大な人...

  • 姜尚中「自身の責任明らかにしない安倍政権『忖度コロナ対策』のままでは敗北は免れない」

    eyes 姜尚中 AERA

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 新型コロナウイルスの国内感染者は1万人の大台を超え、東京都だけでも累計3千人を突破するという状況が続いています。こうした非常事態で政府の批判やそのやり方に苦言を呈...

おすすめの記事おすすめの記事