姜尚中〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

姜尚中

このエントリーをはてなブックマークに追加
姜尚中

姜尚中

姜尚中(カン・サンジュン)/1950年熊本市生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了後、東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授などを経て、現在東京大学名誉教授・熊本県立劇場館長兼理事長。専攻は政治学、政治思想史。テレビ・新聞・雑誌などで幅広く活躍

  • NEW

    姜尚中「脱原発は叫ばれても、日米原子力協定の自動延長の議論は活発とは言えない」

    eyes 姜尚中 AERA

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 日米原子力協定が自動延長されました。この協定が初めて結ばれたのは1955年です。ちょうどこの年は、再統一された社会党と、保守合同による自由民主党を中心とする55年...

  • 姜尚中 オウム事件「ケリをつけるための死刑執行は在庫一掃セールのよう」

    eyes 姜尚中 AERA

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * オウム真理教、教団トップら7人の死刑が執行されました。松本智津夫元死刑囚が万死に値することは間違いありませんし、被害者やその家族にとって一つの区切りという面もある...

  • 姜尚中「前提が崩れているのに、冷戦の思考から日本は脱却できていない」

    eyes 姜尚中 AERA

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 米韓合同軍事演習の中止からわかるのは、演習の永続的な中止、在韓米軍の縮小が米国側から一方的に強行される可能性もゼロではないことです。 トランプイズムがあるとすれば...

  • 姜尚中「今焦って日朝交渉に入ると、後に禍根を残しかねない」

    eyes 姜尚中 AERA

     政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 残念ながら米朝首脳会談の共同声明に拉致被害者問題が盛り込まれることはありませんでした。ただ、トランプ大統領は会談後の記者会見で「間違いなく、拉致問題を議題にした」...

  • 姜尚中 米朝首脳会談は「果たしてエンドゲームの始まりとなるのか」

    eyes 姜尚中 AERA

    政治学者の姜尚中さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、政治学的視点からアプローチします。*  *  * 米朝首脳会談をめぐる動きが慌ただしく、開催を危ぶむ声も根強くあります。  北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の片腕であるとともに党のナンバー2であり、情報機関の総元締で...