第1402回 ネコスペシャル黒猫は幸せのシンボル 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1402回 ネコスペシャル
黒猫は幸せのシンボル

バックナンバー

「二世」(写真左)と「アズ」(同右)(櫻田さん提供)

「二世」(写真左)と「アズ」(同右)(櫻田さん提供)

 私が歩き方を指導しているクラスの方のご縁で、五つ子のうち黒猫の雄と雌1匹ずつを引き受け、早10年がたちました。

 雄の「二世」(写真左)と雌の「アズ」(同右)です。

 アズは不思議で、私が朝目覚めると同時に必ずベッドに来て甘えるのです。その時間は毎日バラバラなのに、わかるのはテレパシーなのでしょうか? ベッドの上での幸せなひとときなのです♪

 また、おなかがすいてくると「ゴハン」と言ってエサをねだります。言葉をしゃべるんですよ~。

 二世は撫でるとゴロゴロペロペロが止まらず、舌がザラザラで痛いけど可愛いので耐えてます!

 トイレのドアを開けていると、温水便座が温かいのか便座の上に寝てしまう二世です。それを家族は「ベンザブロック」と呼んでいます。

 お手洗いに行きたくても、気持ちよさそうに寝ている姿を見ると、ついついトイレを我慢してしまうのでした。

 アズは今年の初めに糖尿病になりました。家族が交代でインスリンの注射をするなど、家族が団結するきっかけを作ってくれている気がします。

 先日は、私と娘が旅行に行く前日に二世が膀胱炎になり、旅行をキャンセルしようかという状況になりました。

 しかし出発の1時間前に、見事に回復してくれ、旅立つことができたのです!

 以前に飼っていた猫も娘が拾ってきた黒猫でしたが、黒猫は縁起が悪いと敬遠される傾向があるようです。でも、私たち家族は幸せのシンボルだと思っています。

 正しい姿勢を教えている私ですが、猫背の2匹に癒やされています。これからもずっと可愛く健康でいてほしいと願っております。

(櫻田千晶さん/宮城県/56歳/ウォーキングスタイリスト)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。
尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します


(更新 2020/12/10 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい