第31回 ライブに行こう (1/2) |AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第31回 ライブに行こう

文・大谷由里子

プロフィール  バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加
マンガ/上大岡トメ

マンガ/上大岡トメ

 久しぶりに仲間と新宿の「ルミネ the よしもと」に行った。

 コメディーは、おなじみの間寛平さんに山田花子さん。

 漫才は、オリエンタルラジオさんや、博多華丸・大吉さんなど。

 もちろん、わたしが知らない芸人さんも出演している。

 やっぱり、舞台に出る時点でプロを実感。

「これでもか」「これでもか」と、思うくらい笑わせてもらった。

 一緒に行った仲間も、最初から最後まで大声で笑いっぱなし。

 わたしたちだけでなく、他のお客さんもよく笑っていた。

 終わった後、みんなから出てくる言葉は、

「あー笑った」

「楽しかった」

「こんなに笑ったのは久しぶりだわ」

 と、みんな笑顔になっている。

 そして、元気になっている。

 大阪には、笑いの殿堂、本家本元の「なんばグランド花月」がある。

 わたしは、そこで働いていた。

 そして、知っている。

 笑った後、人が元気になるということを。

 ある日、実際に目の前で見た。

 杖(つえ)をついて入ってきたおばあさんが、笑った後、杖を忘れて出て行くのを……。

 だから、てっとり早く元気になりたい時には、「笑い」を見に行くことを勧めている。

 ライブは、よしもとだけじゃない。


(更新 2015/9/15 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

プロフィール

大谷由里子(おおたに・ゆりこ)

 1963年奈良県生まれ。京都ノートルダム女子大学を卒業後、吉本興業に入社。故・横山やすし氏のマネージャーを務め、宮川大助・花子、若井こずえ・みどりなどを売りだし注目を集める。2003年、研修会社の志縁塾を設立。「笑い」を取り入れた「人材育成研修」は、NHKスペシャルなど多くのメディアで話題となっている。 現在は、年間300を超える講演・研修をプロデュース中。主な著書に『仕事で大事なルールは吉本興業で学んだ』(こう書房)、『はじめて講師を頼まれたら読む本』(中経出版)など多数。

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい