宵っ張りが楽しむ真夜中のツイッター

2011/11/24 16:48

 昨日(11/24)の明け方、地震がありました。4時半くらいだったかな。
 最近はテレビをつける前に、ツイッターを見ます。
 ニュース速報も含めて、ここが一番情報が早い。
 僕のタイムラインで、いっせいにいろんな人が「ゆれた」「地震だ」とツイートしてるのですが、その数に呆れました。明け方の4時半なのに、数多すぎ。
 確かに映像関係や芝居関係の人間を中心にフォローしているからなんでしょうが、同じような業種だと同じような生活サイクルになるんでしょうか。
 その日も朝9時過ぎまで〆切の原稿書いていて、それから寝たのですが、同じような時間帯で仕事をしている人がいて、結構うれしいものですね。
「ああ、一人じゃないんだ」と。
 ただ、身体に負荷かけているのは確かなんでしょうね。みんなそれなりの年齢になっているし、考えなきゃならないなとも思います。
 ライターの中にも、ちゃんと朝7時ごろ起きて、夜12時頃眠るという方もいますからね。

あわせて読みたい

  • 物書きにとってのツイッターとは

    物書きにとってのツイッターとは

    7/21

    真夜中のツイッターと、

    真夜中のツイッターと、"マニア気質の誇り"

    1/27

  • 「息子よ」ツイートが話題の辻仁成 実は息子は読んでない!?

    「息子よ」ツイートが話題の辻仁成 実は息子は読んでない!?

    dot.

    11/8

    手軽に発信できるツイッターだからこそ

    手軽に発信できるツイッターだからこそ

    3/31

  • フリーになって考える、一日の時間の使い方

    フリーになって考える、一日の時間の使い方

    9/23

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す