鬼束ちひろ、美しい歌声をTOKYO DOME CITY HALLに響かせる 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)
猫特集

AERA dot.

鬼束ちひろ、美しい歌声をTOKYO DOME CITY HALLに響かせる

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

鬼束ちひろ、美しい歌声をTOKYO DOME CITY HALLに響かせる

鬼束ちひろ、美しい歌声をTOKYO DOME CITY HALLに響かせる


 鬼束ちひろが、ワンマンコンサート【BEEKEEPER】を、2018年12月11日にTOKYO DOME CITY HALLにて開催した。
鬼束ちひろ その他ライブ画像

 今回は、坂本昌之(key)、福原将宜(g)、鈴木正人(b)、坂井“Lambsy”秀彰(per)、鶴谷智生(dr)、室屋光一郎 (vn)の豪華サポートメンバーに迎えて行われた。サポートメンバーが奏でるセッションが終わったところで、裸足の鬼束がステージに登場。この日のバンド編成による際立つアレンジの「シャイン」でライブは幕を開けた。「青い鳥」「漂流の羽根」と続けざまにパフォーマンスするが、機材トラブルが発生。急遽鬼束がMCで繋ぐという異例のハプニングが起こり、珍しい序盤のMCに会場からは拍手が起こる。「こう見えてね、めっちゃ緊張しているの」と鬼束のフランクなMCで観客の笑いを誘う場面も。

 MCで和んだ空気の後、「edge」「MAGICAL WORLD」「螺旋」と優しくもあり、力強い歌声を響かせ、ライブ中盤へと向かっていく。「流星群」「月光」「弦葬曲」を披露すると、徐々に力強い歌声は増していき、「乾燥してない? 大丈夫?」とファンへの気遣いを忘れない鬼束は、「King of Solitude」「Twilight Dreams」を披露し、暖かい歌声で優しい空気へと会場を包み込んだ。心地良さそうに歌う「CROW」、舞うように歌う「私とワルツを」、魂を削るように歌う「infection」で鬼束は、より一層会場の視線を釘付けにした。

 次は「あたしの生き方、理想のやり方を歌った曲です」とのMCから「VENUS」を声高らかに歌い上げた。そして、ライブ初披露となる「ヒナギク」で美しい歌声を会場中に響かせ、ライブの幕を閉じた。

 なお、この公演の模様は、2019年2月3日21:00よりWOWOWにて独占放送される。

PHOTO:橋本塁(SOUND SHOOTER)

◎セットリスト
【BEEKEEPER】
2018年12月11日(火)TOKYO DOME CITY HALL
01.シャイン
02.青い鳥
03.漂流の羽根
04.edge
05.MAGICAL WORLD
06.螺旋
07.僕等 バラ色の日々
08.流星群
09.月光
10.弦葬曲
11.King of Solitude
12.Twilight Dreams
13.CROW
14.私とワルツを
15.infection
16.VENUS
17.ヒナギク

◎放送情報
WOWOWライブ『鬼束ちひろ コンサートツアー2018 BEEKEEPER』
2019年2月3日(日)21:00~


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい