Cocco 3年半ぶり新作ミニAL『パ・ド・ブレ』詳細明らかに 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Cocco 3年半ぶり新作ミニAL『パ・ド・ブレ』詳細明らかに

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
Cocco 3年半ぶり新作ミニAL『パ・ド・ブレ』詳細明らかに

Cocco 3年半ぶり新作ミニAL『パ・ド・ブレ』詳細明らかに

 3月12日にリリースを控えるCoccoのミニアルバム『パ・ド・ブレ』のジャケット写真、内容の詳細が発表された。


 2010年リリースのアルバム『エメラルド』から、ベスト盤を挟んで約3年半ぶりの新作となる本作。タイトルの『パ・ド・ブレ』は“繋ぎ・間(あいだ・ま)”を指すバレエの用語で、ステップとステップの繋ぎ/間、ターンとターンの繋ぎ/間、そして大いなる跳躍に向けた間という意味合いも持っており、Coccoの今後の展開に向けた重要な作品となりそうだ。


 そんな新作のジャケットは、カメラマンのNAKA氏によるビジュアルが印象的で、初回生産限定は自身のCD作品としては初となる紙ジャケットデジパック仕様に。歌詞カードの裏はビジュアルポスター仕様で、パッケージ面や歌詞カード裏面のビジュアルポスターにはCoccoが手掛けたイラストが使用されている。


 収録楽曲は、昨年10月、12月に配信限定でリリースされた「東京ドリーム」「キラ星」をはじめ、2011年に開催された全国ツアー【ベスト盤ライブ5本〆】で唯一新曲として披露された 「夢見鳥」を音源化。さらには童謡「ゆりかごのうた」のカバーなど、バンドサウンドからシンプルな弾き語りまで、さまざまなバリエーションに富んだ全6曲が収められている。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい