こころ揺さぶる妖しい美しさ。織作峰子の「SAKURA」

アサヒカメラ

(C)Mineko Orisaku (17:47)アサヒカメラ

(C)Mineko Orisaku (17:47)アサヒカメラ
 写真家・織作峰子の写真展「SAKURA」が、長野県・軽井沢ニューアートミュージアムで開催される。今回は、昨年に東京・銀座のArt Gallery M84で開催された写真展「Premonition」に、新作を加えてあらたに構成された展示となる。

 撮影で長年外国を巡る中、日本を感じたいという思いが湧いたという織作は、桜の中に、妖しさや怪しげな雰囲気に魅力を感じ、撮影を続けている。時には、ファインダーを覗くと背筋がぞくっとすることもあったという。
桜の中に潜む、美しいような、怖いような、得体のしれない何か。そんな魅力を求めて、奈良の吉野山や大字陀、山梨の王仁塚、和歌山の会津川、東京の千鳥ヶ淵など、各地で桜と向き合ってきた。

「美しいだけの桜を求めているのではない。儚くとも危うい桜に自身の心の揺れと葛藤とを重ね合わせ、写真特有の光効果で生まれた新たな表現をご覧ください」(同展に寄せた作者の文章より)

 今も昔も人の心を揺さぶる桜。その美しさとその裏に潜むものを、織作は表現している。


おりさく・みねこ
1950年石川県生まれ。京都文教短期大学初等教育学科卒業。1982 年 ミス・ユニバース日本代表選出後に大竹省二写真スタジオ入門。 2000年ウォーターフォードウエッジウッドライフスタイルアウォード受賞。 2007年“Galerie Baudo in Lebon”と“Galerie DOWNTOWN”(フランス・パリ)で展覧会を同時期開催。2009年、日本ハンガリー国交樹立140周年記念特別招待作家としてブタペスト写真博物館にて展覧会開催。 同年、金沢21世紀美術館で個展開催。作品集に『DIMENSIONS』『光彩上海』『SWISS 光と風』ほか。



■織作峰子写真展「SAKURA」
会場:軽井沢ニューアートミュージアム KaNAM Gallery3
開催期間:2015年5月8日(金)~6月8日(月)
開館:10時~17時(最終日は15時まで。入館は閉館30分前まで) 休館日:火曜
住所:長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢1151-1
TEL:0267-46-8691

トークイベント「桜に想う」
日本画家・千住博×織作峰子
開催日:2015年6月7日(日)
開催時間:14時~ (入場無料)

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック