テイラー・スウィフト、『1989』収録曲「ディス・ラヴ」のテイラーズver.公開
テイラー・スウィフト、『1989』収録曲「ディス・ラヴ」のテイラーズver.公開
この記事の写真をすべて見る

 テイラー・スウィフトが「ディス・ラヴ(テイラーズ・ヴァージョン)」を本日リリースした。

 「ディス・ラヴ」は、2014年にリリースされたアルバム『1989』収録曲で、“この恋は善/この恋は悪/この愛は生きている/死地から蘇った”というコーラスの歌詞が印象的な、恋愛の中で自分自身を見つめることをテーマにしたバラードだ。

 今回、この楽曲がテイラーズ・ヴァージョンとしてリリースされた。テイラーズ・ヴァージョンとは、テイラー・スウィフトがこれまでの楽曲を再レコーディングするプロジェクトのことで、これまでに『フィアレス』、『レッド』の2作をテイラーズ・ヴァージョンとしてリリースしている。なお、2021年には『1989』収録曲である「ワイルデスト・ドリームス(テイラーズ・ヴァージョン)」がリリースされ、ファンの間で話題となった。

 「ディス・ラヴ(テイラーズ・ヴァージョン)」は、リリースの一足先に『The Summer I Turned Pretty』という海外では6月から公開される作品のトレイラーに使用され、初公開されることになった。これについてテイラーは、「“ディス・ラヴ(テイラーズ・ヴァージョン)”を“The Summer I Turned Pretty”のトレイラーで初公開するという機会を与えてくれたジェニー・ハン、ありがとう。私はずっとこの曲を誇りに思っていたので、今の気持ちは……こんな感じ」とナーバスになる絵文字を添えて、自身のSNSに投稿していた。

◎リリース情報
シングル「ディス・ラヴ(テイラーズ・ヴァージョン)」
2022/5/6 DIGITAL RELEASE
https://umj.lnk.to/TS_ThisLove_TV

暮らしとモノ班 for promotion
2024年の「土用の丑の日」は7月と8月の2回!Amazonでおいしい鰻(うなぎ)をお取り寄せ♪