コブクロ、東阪3日間限定ライブ完走&全国ツアー開催発表 オフィシャルレポート到着
コブクロ、東阪3日間限定ライブ完走&全国ツアー開催発表 オフィシャルレポート到着
この記事の写真をすべて見る

 コブクロが東阪限定【SPECIAL LIVE】を完走し、そのオフィシャルライブレポートが到着したので下記にお届けする。

 コブクロが、3月8日、地元・大阪の大阪城ホールにて、【SPECIAL LIVE 2023 “KOBUKURO AND THE FAMILY TONE”】を行った。

 今回のライブは、3月1日東京ガーデンシアター(有明)、3月7日大阪城ホールと3日間限定のSPECIAL LIVEとなっており、昨年に続き春に開催され、全国ツアーとはひと味違ったコンセプトのライブとなった。

 下手から小渕健太郎一人で登場しピンスポットを浴びるや、シンセサイザーのようなエフェクトがかけられたアコギを即興でかき鳴らしオープニングSEを生演奏。大歓迎の大きな拍手が巻き起こった。爽やかな夏ナンバー「潮騒ドライブ」からライブはスタート。黒田俊介も登場し、心地よいテンポに乗せて、観客もサビで手を振り、1曲目から会場は一体感に包まれた。続いて、2018年に発表された結成20周年記念ソング「晴々」を披露。

 「KOBUKURO AND THE FAMILY TONEへようこそ、コブクロです!」と、小渕が観客に呼びかけると、小渕に答える観客の声が会場に響き渡る。小渕は、「まずはこの声、その存在、おかえり!待ってたよ!」と、声を出せる喜びに感極まった表情で、ライブのタイトルを“KOBUKURO AND THE FAMILY TONE”と名付けた意味を語りだした。ワンマンとしては、約3年ぶりの声出し解禁ライブとなることから、「“FAMILY TONE”と名付けました。みんなの音、みんなの声、みんなの笑い声、歓声、それと、僕らの音楽が思いっきりぶつかり合って、心の底から楽しんでいってください」と、笑顔で観客に伝えた。

 3曲目は、2020年にリリースされた布袋寅泰のコラボレーションアルバム参加曲「Soul to Soul」をライブ初披露! 続いて、昨年の全国ツアーで新曲として披露していた「雨粒と花火」、そして、昨年から多く披露している、リアレンジのニューバージョン楽曲を今回も披露。アップテンポナンバー「LOVER’S SURF」を、メロウでグルーヴィーなサーフミュージック風アレンジに変え、観客を驚かせた。

 次のコーナーでは、事前に公式HPから募集したスペシャル企画へ。思い出の楽曲のエピソードとともに、メッセージを応募頂いた中から、男女1人ずつが当選。

 1人ずつステージに上がって頂き、超プレミアム席、コブクロ2人の間に座りトークタイム&思い出の1曲を最前列のスペシャルシート席で見られるというコブクロ初の試み。

 軽快なバンドサウンドに乗せて、お1人目の方を呼び込むと、即小渕が、お客さんをイジリ倒し、緊張しているお客さんを和ます。黒田の衣装が蛇柄、お客さんがヒョウ柄な事や、2002年の「風」から好きです。と話すお客さんに、2002年2月14日!2001年の「YELL~エール~」の時は、何してたんですか?と、コブクロらしいツッコミトークを繰り広げ、会場を笑いの渦に!

 次に、初めて行ったライブは?という会話で、「大阪・万博記念公園のフリーライブに最初に行きました」と答えると、2012年9月9日!と即答する小渕に、黒田が、「ほんまに林家ペー・パー子さんくらい覚えとるな!」とツッコミ、林家パー子さんのモノマネをする小渕に、更に会場が大爆笑。息の合ったトークを繰り広げ、アットホームな雰囲気に包まれた。

 リクエスト曲を歌唱する前に、小渕が当選者の方の楽曲エピソードを読み上げてから、歌へ。2004年にリリースされたアルバム『MUSIC MAN SHIP』に収録されている「HUMMING LIFE」を久しぶりにパフォーマンスし、その懐かしさに多くの観客が身体をあずけていた。

 続いて、2人目の方を呼び込むと、2002年の「grapefruitsツアー」のタオルを持ってくれている事に小渕が感動!その後、コブクロのファン歴を質問攻めすると、ファン歴は20年以上に及ぶにも関わらず細かいことを覚えていないお客さんを2人がツッコミまくり、ここでも観客は爆笑に!当選者の方の楽曲エピソードを読み上げ、リクエストナンバー「未来への帰り道」をパフォーマンスし、温かく言葉ひとつひとつを歌い上げた。

 リラックスしたトークを繰り広げた後は、またもリアレンジ楽曲へ。ロックナンバー「君になれ」を、切ないピアノのイントロからでは何の曲であるかも想像できない、極上のバラードアレンジに変えて披露。続いて、昨年のツアーで新曲として披露していた、小渕の愛犬ロックが病に冒されてしまったことがきっかけになり制作された「足跡」を、優しく丁寧にリスナーに届けた。「蒼く 優しく」では、力強いボーカルで歌い上げ、演奏が終わった瞬間、多くの観客が惜しみない拍手を送り続けた。

 次に、盛り上がりコーナーに向けて、久しぶりにウェーブを会場全員で楽しみ、後半戦へ! 「ここからだぞ!カモン!」と、盛り上がりブロックでは、こちらもリアレンジで「One Song From Two Heats」を披露! オリジナルでは、小渕のキック音が印象的な楽曲が、バンドアレンジでファンク・ソウルなミクスチャーロック調に新たに生まれ変わった。

 そして、コブクロのライブでは鉄板の盛り上がりチューン「ストリートのテーマ」を披露。声出し解禁となり、コール&レスポンスでも会場が一体となり盛り上がった。

 次もリアレンジで「Moon Light Party」。デビュー前から演奏されているファンにはお馴染みのナンバーも、スカのリズムのニューアレンジで新鮮に聴かせ、 間奏では、「KOBUKURO AND THE FAMILY TONE」と、こちらもコールアンドレスポンスで観客との久しぶりの声を出しての掛け合いを楽しんだ。

 続いて、2025年に開催される大阪・関西万博オフィシャルテーマソング「この地球(ほし)の続きを」では、昨年の全国ツアーでも披露していた、和太鼓がより大きいサイズで登場し、小渕が力いっぱい叩き、サビの「こんにちは」では、MVでの振付を観客と共に盛り上がり、本編を終えた。

 アンコールでは、コブクロ全国ツアー2023の開催を発表! 全国10都市22公演の本ツアーは、7月21日からコブクロ結成の地、大阪・堺での初ホールライブとなる、フェニーチェ堺からスタート。大阪城ホール公演も発表し、ファンも大喜びであった。ツアーではどんな楽曲を届けてくれるのか、期待に胸が膨らむ。

 アンコール1曲目では、3月1日にシングルリリースされたばかりの最新曲「エンベロープ」を披露。その優しいメロディと歌詞は会場全体を包み込み、まちがいなく、すべての人の心を捉えていた。

 ラストは、撮影OKとし、ライブではお馴染みの「轍-わだち-」で、一体感を作り大盛り上がりでライブを締めくくった。

 9月からの結成25周年に向けて、これから先も新しいコブクロを刻んでいくという決意も聴き取ることが出来る感動的なライブだった。


◎公演情報
【全国ツアー「KOBUKURO LIVE TOUR 2023」】
2023年7月21日(金)大阪・フェニーチェ堺
2023年7月22日(土)大阪・フェニーチェ堺
2023年7月27日(木)広島・上野学園ホール
2023年7月28日(金)広島・上野学園ホール
2023年8月3日(木) 福岡・福岡サンパレス
2023年8月4日(金) 福岡・福岡サンパレス
2023年8月15日(火)宮崎・宮崎市民文化ホール
2023年8月16日(水)宮崎・宮崎市民文化ホール
2023年8月26日(土)本・熊本城ホール メインホール
2023年8月27日(日)熊本・熊本城ホール メインホール
2023年9月2日(土) 宮城・仙台サンプラザホール
2023年9月3日(日) 宮城・仙台サンプラザホール
2023年9月9日(土) 北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru
2023年9月10日(日)北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru
2023年9月16日(土)愛媛・松山市民会館
2023年9月17日(日)愛媛・松山市民会館
2023年9月22日(金)愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
2023年9月23日(土)愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
2023年10月3日(火)大阪・大阪城ホール
2023年10月4日(水)大阪・大阪城ホール
2023年10月21日(土)埼玉・さいたまスーパーアリーナ
2023年10月22日(日)埼玉・さいたまスーパーアリーナ
https://kobukuro.com/feature/kobukuro_tour2023

暮らしとモノ班 for promotion
2024年の「土用の丑の日」は7月と8月の2回!Amazonでおいしい鰻(うなぎ)をお取り寄せ♪