ダーティー・プロジェクターズ&ビョーク、コラボ作から未発表音源公開
ダーティー・プロジェクターズ&ビョーク、コラボ作から未発表音源公開

 2009年4月にデイヴ・ロングストレス率いるダーティー・プロジェクターズとビョークが米ニューヨークで行ったチャリティ・コンサート用に書き下ろした7曲をスタジオ・バージョンとして収録したコラボレーション作品『Mount Wittenberg Orca』から未発表音源「On and Ever Onward (Live from Housing Works 2009)」が公開された。

 2020年にデジタル配信され、2011年に<Domino>によってCD化された本作が、今年4月22日の【レコード・ストア・デイ】に合わせて初LP化され、4月28日には日本限定で新装盤CDのリリースも決定している。

 デイヴ・ロングストレスは、「“Mount Wittenberg Orca”は、この時期のダーティー・プロジェクターズで一番好きな作品かもしれない。カタログの中でダークホース的な存在になったような気がする。ビョークとの共同制作盤であることを考えると、ちょっと面白いかもしれないね。当時はバンドに対するまわりの盛り上がりに圧倒されて、暗にそのメッセージを込めたんだ。でも、これらの楽曲は大好きだよ。そして、スタジオで録音したライブ・アルバムとしては、当時のラインナップが、バンドとしてどう融合してたを示す唯一の公式作品なんだ。演奏とエンジニアリングは本当に良く出来たと思う。そしてもちろん、ビョークは僕たちを異次元の怪物的な威厳へと昇華させてくれる。“Sharing Orb”の彼女の歌声を聴いたときに、自然と涙がこぼれてきたのを覚えてる。ハウジング・ワークスで行なったライブのオリジナル音源を、その生の美しさとともに、世に送り出し、このプロジェクトがどのように生まれたかを示すデモ音源やリハーサル音源をみんなに共有できることを嬉しく思ってる」と語っている。

 日本限定の新装盤CDには、オリジナルのスタジオ音源7曲に加え、2009年にハウジング・ワークスにて披露された実際のライブ音源や、デモ音源、リハーサル音源などの全て初出しの未発表音源20曲を加えた全27曲収録の超豪華盤となる。

◎リリース情報
アルバム『Mount Wittenberg Orca (Expanded Edition)』
2023/4/22 LP RELEASE
2023/4/28 CD RELEASE