メタリカ、『72シーズンズ』全収録曲の手話付きビデオ公開 演奏も手話で表現
メタリカ、『72シーズンズ』全収録曲の手話付きビデオ公開 演奏も手話で表現

 メタリカが、“全米手話の日”である4月15日に、DPAN(Deaf Professional Arts Network)とAmber G Productionsとのパートナーシップによりニュー・アルバム『72シーズンズ』の全曲のアメリカ手話(ASL / American Sign Language)付きビデオを公開すると発表した。

 その第一弾として、フェスティバルの手話通訳者としてメタリカ・ファンの間でも人気のアンバー・ギャロウェイによるASL通訳を伴ったタイトル・トラックの「72シーズンズ」のビデオが公開されていた。そして『72シーズンズ』全曲のアメリカ手話付きビデオが公開された。これらのビデオには歌詞も表示される。

 メタリカはアルバムの全曲のアメリカ手話付きビデオを制作した史上初のロック・バンドというだけでなく、ASL通訳を伴う公式ミュージック・ビデオを発表した史上初のバンドとなった。

 なお、手話付きビデオでは歌詞だけでなく、ギターソロやリフなど、楽器の演奏も手話で表現されており、字幕だけでは感じられなかった楽曲の熱量を視覚から感じることができる。

 メタリカは、「アンバーとDPAN(Deaf Professional Arts Network)チームと一緒に仕事ができて光栄でした。聴覚障害を持ったコミュニティのファンが、これらのビデオを通してアルバムを楽しんでくれることを願っています」とコメントしている。

 また、アンバーは、「メタリカは、”アクセス”や”インクルーシブ”がどのようなものかを世界に示しました。ミュージック・ビデオに字幕を付ければ十分だと考える人もしばしばいますが、残念ながらテキストはイントネーションや、ASLのように感情的なつながりを表示しません。これらのビデオは楽器の声も捉えています」と述べている。

◎リリース情報
アルバム『72シーズンズ』
2023/4/14 RELEASE
UICY-16145 2,860円(tax incl.)

Photo: TIM SACCENTI