林:途中から女優さんになりたい、ってなったんですね。それは周りの人からすすめられたんですか。

小芝:浅田真央さんがスケートを滑ってるCMを見て、「わー、こんなCMに出てみたいなあ」と言ったのを姉が聞いていて。それがきっかけでオーディションを受けたんです。でも、スケートありきというか、滑ってる姿がいいなと思ったからなので、まさかスケートをやめてお芝居をやるとは思ってなかったです。

林:浅田真央さんにもこの対談に出ていただきましたけど、ふつうの女の子みたいにデートしたり遊びに行ったりはまったくできなかったみたいで、お気の毒だなと思いましたよ。

小芝:試合前とかは、学校よりも優先して練習に行ってましたし、休んだり遅刻したり早退したりすることも多かったです。友達と遊ぶこともなかったですね。

林:そうですか。オスカーのオーディションを受けたんでしょう?

小芝:はい。事務所に入ることが決まって、1カ月後に上京してきました。

>>前編/小芝風花、映画公開も「興行収入とか数字的なことがコワくて…」

>>後編/“愛のこぶし”で育った小芝風花「『不安は尽きない』と話してます」

(構成/本誌・唐澤俊介 編集協力/一木俊雄)

週刊朝日  2022年6月24日号より抜粋