メイン画像

ゴールデンウィーク最終日の今日5月6日(月:振替休日)は、西日本を中心に雨で、局地的に非常に激しく降るでしょう。沿岸部を中心に風も強まり、道路にも影響を及ぼす恐れ。連休明けの7日(火)朝の通勤・通学の時間帯は、東海や関東で雨や風が強まるため注意が必要です。

GW最終日 西日本で滝のような雨 落雷・突風に注意

画像A

ゴールデンウィーク最終日の今日6日は、前線を伴った低気圧が日本海を北東へ進む見込みです。低気圧や前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となっています。

西日本や北日本では広い範囲で雨が降っていて、九州など西日本には所々で活発な雨雲がかかっています。6日明け方は、長崎県新上五島町で1時間に57.5ミリ(04:31まで)と、滝のような非常に激しい雨が降り、5月1位の値を更新しました。

西日本 雨のピークと道路影響予測

画像B

【西日本の雨のピークは?】
九州では、鹿児島など南部を中心に6日夕方にかけて、1時間に30ミリ以上の激しい雨に注意が必要です。沿岸部を中心に風が強まり、交通機関に影響大です。

中国地方では、6日夜にかけて断続的に雨が降るでしょう。沿岸部中心に強風に注意が必要です。

四国では、6日昼頃から活発な雨雲がかかり、局地的に1時間に50ミリ以上の滝のような雨が降る恐れがあります。沿岸部では風も強まり、横殴りの雨となる所もあるでしょう。6日いっぱい道路の影響リスク大です。

近畿では、6日午後は広く雨で、6日夜~明日7日明け方にかけて雷を伴い、激しく降る所があるでしょう。7日明け方にかけて、道路の影響リスク大です。アンダーパスなど低い土地の浸水などにご注意下さい。

連休明け7日(火) 東海~関東は朝の通勤・通学時間帯 大雨・強風に注意

画像C

連休明けの明日7日(火)は、日本海の低気圧から延びる寒冷前線が東日本を通過する見込みです。前線通過時には、雷を伴い、激しい雨や雷雨となるでしょう。

東海では、7日朝が雨や風のピークです。雷を伴い、バケツをひっくり返したような激しい雨が降るでしょう。朝の通勤・通学の時間帯と重なる所があるため、時間には余裕をもって、最新の気象情報・交通情報を確認して下さい。

関東甲信では、6日日中は所々で雨が降りますが、降り方は弱いでしょう。6日夜は広い範囲で雨となり、7日朝の通勤・通学の時間帯は本降りとなるでしょう。雨のピークは昼前後。沿岸部中心に日中いっぱい風が強いでしょう。夜は次第に雨は止み、強い風も収まる見込みです。

北陸や東北、北海道では、7日にかけて雨が降ったりやんだりで、本降りの雨となる所もありそうです。

荒天への備え 交通機関への影響

画像D

大雨や暴風が予想されるときは、以下のような交通機関への影響が懸念されます。

① 航空機や船舶の欠航
雨や風が強まると、航空機や船舶が欠航する場合があります。欠航は、大荒れのピーク時だけでなく、ピークの前後、数日間に及ぶ可能性もあります。

② 新幹線など列車の運休
観測された雨量や、土壌雨量指数(降った雨による土砂災害危険度の高まりを把握するための指数)が、事前に決められた安全基準を上回ると、列車が運休する場合があります。また、大雨になる前でも、事前の気象情報などにより、計画運休を行う可能性もあります。

③ 高速道路など道路の通行止め
観測された雨量が、事前に決められた安全基準を上回ると、高速道路など道路が通行止めになる場合があります。特に、アンダーパスは、大雨の際に冠水しやすいので、通行できなくなる可能性があります。

ゴールデンウィークも最終日、Uターンラッシュです。こまめにホームページなどで運行状況を確認するとよいでしょう。