ニッキー・ミナージュ、ドレイクとコラボ曲「Needle」をライブ初披露

 現地時間2024年4月30日の夜、ニッキー・ミナージュがカナダ・トロントで開催した【ピンク・フライデー2 ワールド・ツアー】でドレイクと共演を果たし、ヤング・マネー・ファンを喜ばせた。

 ドレイクは、ニッキーとのコラボ曲「Needle」のパフォーマンスの際にステージに登場。このアイランド調の曲は、昨年12月にリリースされたニッキーの最新アルバム『ピンク・フライデー2』に収録されているが、2人が一緒に曲を披露するのはこの日が初となった。

 迷彩柄のバギーパンツとジャケットを着たドレイクは、ニッキーと数年ぶりとは思えないほど息のあったパフォーマンスでスコシアバンク・アリーナに集まった観客を盛り上げた。さらには、彼女の頬にキスをする一幕もあった。バックステージに向かって歩きながら、ニッキーは、「トロントのキングのために歓声を!」と観客に促し、「このアイコン、このレジェンドのために騒いで」と続けた。

 ニッキーが衣装替えをする中、ドレイクは「Rich Baby Daddy」で会場の熱気をさらに高めると、現在話題となっているケンドリック・ラマーとのビーフに関連すると思われる発言を行った。「愛してるよ。今どんな時がわかるかな、俺が何をしなければならないのか、みんなにはわかっているはず」と彼は謎めいた言葉を残した。

 『ピンク・フライデー2』の注目曲の一つだった「Needle」は、米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で初登場34位を記録し、4週にわたってチャートインした。

 ニッキーは、現地時間5月1日のバークレイズ・センター公演で、地元ブルックリンに帰還した。その後、1週間のオフを挟み、テキサスで3公演を行う予定だ。