歌舞伎俳優の市川團十郎さん=2023年10月

 4月4日に配信された、歌舞伎俳優・市川團十郎さん(46)とベテラン芸能リポーターとの「取材会」(会見)でのやりとりの動画が、約1カ月経った現在、視聴再生数が110万回を超えている。5月の歌舞伎公演についての会見だが、動画のタイトルには、團十郎さんが「失礼な質問をする記者に激怒!?」とあり興味を引く。ただ、動画を見る限り、少なくとも激怒している様子には見えない。何が起きていたのか、質問した本人に聞いた。

【写真】生々しかった左目の充血…西麻布での暴行事件後の海老蔵さん(当時)

 会見は、5月2日から東京・歌舞伎座で開演する「團菊祭五月大歌舞伎」についてだった。そのときの模様が、オリコンのユーチューブチャンネルで、

「市川團十郎、失礼な質問をする記者に激怒!? 『不勉強だね』 歌舞伎座『團菊祭五月大歌舞伎』市川團十郎取材会」

 とのタイトルで動画配信されると、5月1日現在で視聴回数が110万回を超え、なおも増え続けている。

「失礼な質問をする『記者』」という不名誉な呼び方をされたのは、芸能リポーターのIさん(77)だ。

 そもそも、Iさんは会見にはどのような経緯で参加することになったのか。

「前日、テレビ局の朝の情報番組の担当者から『Iさん、行って下さいよ』という依頼があったんです。初めは私でいいのかとちゅうちょしたのだけれど、『そんなこと言わないで行ってちょうだいよ』と背中を押されたので、行くことにしたんです」 

「横の人に聞いて」

 Iさんによれば、会見では一番最初に質問したという。

 動画を見ると、Iさんと團十郎さんでこんなやりとりがあった。

「團十郎さんがね、1人で会見するっていうのは本当に久しぶりじゃないですか?」

「いや、そんなことないですね」 

「何となく、こっちの思い違いかもしれませんけど……」 

「思い違いだね、はい」

 と笑みを浮かべて團十郎さんが言うと、会場には笑いが起きた。

 さらに、Iさんが、

「いつもお子さんが2人いるっていう印象があるんですけど」

 と尋ねると、

「いや、そうでもないよね。いや、横に聞いて」

 と團十郎さんがIさんの横にいた女性リポーターに手を向けると、そのリポーターは、

「1人でやられています」

 と答え、再び会場は笑いに包まれた。 

著者プロフィールを見る
上田耕司

上田耕司

福井県出身。大学を卒業後、ファッション業界で記者デビュー。20代後半から大手出版社の雑誌に転身。学年誌から週刊誌、飲食・旅行に至るまで幅広い分野の編集部を経験。その後、いくつかの出版社勤務を経て、現職。

上田耕司の記事一覧はこちら
次のページ
女性リポーターへの対応と差