【コーチェラ2024】ラナ・デル・レイのステージでカミラ・カベロが「I LUV IT」を披露
 ラナ・デル・レイの【コーチェラ・フェスティバル】ウィークエンド2のステージで、サプライズ・ゲストとしてカミラ・カベロが出演した。 現地時間2024年4月19日に行われたラナのヘッドライナー・セットで、カミラは新曲「I LUV IT」を歌った。ラナが一時的にステージを去った後、カミラはバックダンサーと共に登場し、ハイパー・ポップなプレイボーイ・カルティとのコラボ曲を軽快に披露した(カルティは出演しなかった)  カミラのパフォーマンスの間、ラナは後ろから感心しながら見ていただけだったが、いくつかのヴァースで参加し、ある時はカミラの腰に手を置き、くるくると彼女を回転させた。曲が終わるとラナは、「I luv it, I luv it, I luv it, I luv it」とカミラに向かって歌い、「彼女はマイ・ガール(親友)です。彼女といるとすごく楽しいんです。この曲は死ぬほど好き。私と一緒に歌いに来てくれて本当にありがとう、エンジェル」と述べた。 カミラは、「私にとって光栄なことです。あなたは私の大好きなアーティストの一人です。本当にありがとうございました」と答えた。 4月20日にカミラはX(旧Twitter)で数回にわたり、前夜にラナとステージを共にしたことを振り返り、「ラナ・デル・レイは一生に一度のアーティストであるだけでなく、ビリー(・アイリッシュ)が最高の言葉を残してくれた。私を含め、あなたたちの存在理由!」などと投稿した。  カミラは、「彼女は多くのアーティストに視覚的に、歌詞的に、音楽的にインスピレーションを与え、芸術を前進させた。何が可能なのかを教えてくれる彼女のような女性アーティストがいなかったら、私はどうなっていたかわからない。どうすれば自由になれるのか。どうすればハードでありながら同時にソフトになれるのか。どうすれば人生を芸術作品にできるのか。昨夜、あなたの瞬間に私たちを加えてくれてありがとう。永遠に何なりとお申し付けください、マイ・ガール(親友)」と綴った。 「I LUV IT」のリリースに先立つ今年3月下旬、ラナはSNSでこのエネルギッシュなシングルへの愛を示した。カミラのモノクロ写真をインスタグラムに投稿した彼女は、「i luv it(大好き)」とキャプションをつけた。カミラはこの投稿のコメント欄に、王冠の絵文字をいくつも残した。 ラナ・デル・レイは、【コーチェラ】ウィークエンド1のステージでも多数のゲスト・アーティストを迎えていた。このパフォーマンスでは、「Candy Necklace」でジョン・バティステ、「Hope Is a Dangerous Thing」でジャック・アントノフが登場し、「Ocean Eyes」と 「Video Games」ではビリー・アイリッシュとデュエットした。 ウィークエンド2の【コーチェラ】での彼女の約90分のステージも、実に見事なセット・デザインに奇妙で魅惑的なホログラムの瞬間、彼女のトレードマークである艶っぽいボーカル、そして色あせた華やかさがたっぷりと盛り込まれ、おまけに彼女自身によるポール・ダンスまで披露された。