ヴィクトリア・モネ、ビヨンセから【コーチェラ】でのパフォーマンスを称賛する花束が届く「心から感謝」

 先週末の【コーチェラ・フェスティバル】でのヴィクトリア・モネによる圧巻のパフォーマンスは花束を贈るのに値するが、それがビヨンセからとなると格別だ。

 現地時間2024年4月17日、ヴィクトリアは、ビヨンセからの白いブーケとスウィートなメッセージを自身のインスタグラム・ストーリーで公開した。カードには、「【コーチェラ】での美しいパフォーマンスおめでとう。愛を送ります、B」と書かれており、ヴィクトリアが3歳の娘ヘイゼルにカードを見せ、誰からの花束か尋ねる姿が映っている。ヘイゼルは、「ビヨンセ!」と答えると、母親とともに「心から感謝しています。とっても綺麗です」と話している。ヴィクトリアは、この映像に「私の心は喜びでいっぱいです!アー、本当にありがとうございます!!!!驚きましたし、とても感謝しています」と書いている。

 続く、ストーリーへの投稿には、Beychellaと呼ばれた、ビヨンセの【コーチェラ】でのヘッドライン・セットを追ったNetflixのコンサート・ドキュメンタリー映画『HOMECOMING:ビヨンセ・ライブ作品』を見ながらソファで踊るヘイゼルを映している。ヴィクトリアは、「ハニー、ここに熱狂的なファンがいます」とキャプションし、ヘイゼルがBeyhive(ビヨンセのファン総称)の正式メンバーであることを明かした。ヘイゼルがさらなるダンスを披露するループ動画も公開されており、これには「そう、ヘイゼルはちゃんとわかってる」とコメントがつけられている。

 ビヨンセとヴィクトリアは、いずれも【グラミー賞】の歴史に名を刻む娘を育ててきた。2024年の授賞式で、アース・ウィンド&ファイアーをフィーチャーしたヴィクトリアの「Hollywood」が<最優秀トラディショナルR&Bパフォーマンス>にノミネートされた時、当時2歳だったヘイゼルは史上最年少ノミネートとなった。そしてグループやデュオを除く個人による【グラミー賞】最年少受賞者は、ビヨンセの娘ブルー・アイヴィー・カーターだ。彼女は8歳で、母やウィズキッドとともに、2021年の授賞式にて「Brown Skin Girl」で<最優秀ミュージック・ビデオ>に輝いた。