『SUGA|Agust D TOUR 'D-Day' THE MOVIE』が2024年のコンサート映画興行収入1位を記録

 BTSのSUGAは韓国の兵役義務期間があと1年残っているが、遠く離れたチャートで今もなお輝き続けている。現地時間2024年4月16日にTrafalgar ReleasingとHYBEは、このK-POPのスーパースターの分身であるAgust Dのコンサート・フィルムの限定公開が、全米および国際的な興行収入記録を塗り替えたと発表した。

 リリースによると、4月10日から14日にかけて上映された『SUGA|Agust D TOUR 'D-Day' THE MOVIE』は、限定公開で全世界で1,016万ドル(約16億円)の興行収入を記録した。これにより、SUGAは2024年の全米および全世界でのコンサート映画興収1位、さらにK-POPソロ・アーティストの映画興収でも史上最高額を記録した。

 このコンサート映画は、主に4月10日から13日にかけて、100以上の地域の3,500館で上映され、4月10日付の北米興行成績報告では、784館で興収96万1,000ドル(約15億円)以上、1スクリーンあたりの平均興収1,264ドル(約195,000円)を記録し、第2位となった。IMAX上映も200万ドル(約3億円)以上を稼ぎ出し、全世界興収の20%を占めた。Trafalgar Releasingは、2023年に興行収入トップとなったコンサート映画、テイラー・スウィフトの『The Eras Tour』(2億6,710万ドル、約413億円)、ビヨンセの『RENAISSANCE: A FILM BY BEYONCE』(4,440万ドル、約68億円)の欧州、アジア、南米における配給会社としても注目された。

 Trafalgar Releasingのマーク・アレンビーCEOは声明で、「映画“SUGA│Agust D TOUR "D-DAY" THE MOVIE”の驚異的な反響に、本当に興奮しています。これはSUGAの芸術性を証明するものであり、ファンをやる気にさせる彼のパワーを物語っているだけでなく、世界中のイベント・シネマ体験に対する強い欲求を表しています」とコメントした。

 米国での需要により、この映画の公開は前売り開始1週間で100スクリーン拡大され、4月21日まで追加上映された。また、メキシコ、ブラジル、その他の中南米市場でも公開が拡大され、上映のチケットは現在も発売中だ。