メイン画像

今日4日、気象庁は1か月予報を発表しました。向こう1か月のポイントは「気温が高く・降水量が多い」こと。特に、4月中旬にかけては、全国的に平均気温がかなり高くなる可能性も。お花見は急な暑さに注意。また、西・東日本では日照少なく、降水量が多いため、むし暑くなりそう。まだ、4月だからと油断せず、熱中症や食中毒に注意が必要です。

数値予報モデルの予測結果

画像A

上空約1500mの気温(右図)は、日本付近では平年より高く、暖かい空気に覆われやすいでしょう。

4月中旬にかけて、日本の南に張り出す高気圧の縁を回って湿った空気が流れ込みやすく、西・東日本の太平洋側を中心に低気圧や前線の影響を受けやすい見込みです。

気温高く・降水量多い

画像B

向こう1か月は、暖かい空気に覆われやすく、全国的に平均気温は高いでしょう。特に、4月中旬にかけては、かなり高くなる可能性があります。

また、西日本・東日本では、4月中旬にかけて低気圧や前線の影響を受けやすく、降水量は平年並みか多く、日照は平年並みか少ないでしょう。つまり、西日本・東日本では曇りや雨でも気温は高く、ジメジメ・ムシムシ、かなり蒸し暑くなる日もあるでしょう。

10年に一度レベルの高温予想

画像C

今日4日、気象庁は「高温に関する早期天候情報」を発表しました。この情報は、その時期としては10年に1度程度しか起きないような著しい高温や低温、降雪量(冬季の日本海側)となる可能性が、いつもより高まっているときに、6日前までに注意を呼びかける情報です。

北海道・東北・北陸・中国地方は4月12日頃から、関東・東海・近畿・四国・九州北部・九州南部・奄美地方は13日頃から、沖縄地方は14日頃から、予想される5日間の平均気温が「かなり高い」予想です。

ちなみに、ここ最近5年間の東京の初真夏日(最高気温30℃以上)の観測日をみると、5月下旬から6月上旬に観測していますが、昨年2023年は5月17日と、19年ぶりに5月中旬に初真夏日となりました。

【東京都心 初真夏日】
2023年5月17日
2022年5月29日
2021年6月8日
2020年6月9日
2019年5月24日
まだ、4月だから、まだ5月だからと油断せず、急に気温が上がる時は熱中症に注意が必要です。

【北日本】北海道・東北
【東日本】関東甲信・北陸・東海
【西日本】近畿・中国・四国・九州北部・九州南部
【沖縄・奄美】奄美地方・沖縄地方