ビヨンセ、ニューAL『カウボーイ・カーター』にドリー・パートン/ナンシー・シナトラなどが反応

 2024年3月29日にビヨンセがニュー・アルバム『カウボーイ・カーター』をリリースしてから、ジャンルを超えたこの広大なプロジェクトはセレブ仲間を含め多くの人々の注目を集めている。

 その中には、アルバムに収録された大御所アーティストのコラボレーターも含まれており、今回初めて全27曲を聴くことができる。例えば、ドリー・パートンは『カウボーイ・カーター』に「Dolly P」と題されたウィットに富んだ間奏曲を提供しているが、彼女が1973年に発表した名曲「Jolene」をビヨンセがカバーしたことへの反応をインスタグラムに投稿している。ドリーは、「うわ……ビヨンセはあの女をてこずらせているし、自業自得だね!」と綴っている。「Jolene」は、自分の夫を誘惑する女に対する痛烈な非難の歌だ。

 ディオンヌ・ワーウィックもビヨンセの「Jolene」を気に入ったようで、この83歳のボーカリストはアルバムの発売日に楽曲のスクリーンショットをツイートし、シンプルに“ワンダフル”と書いた。ヘイリー・ビーバーもこの曲が気に入り、自身のインスタグラム・ストーリーズに投稿して、“Whew”(すご!)とだけ添えた。

 一方、ナンシー・シナトラは、ビヨンセが自身の1965年のシングル「These Boots Are Made for Walkin’」を「Ya Ya」でサンプリングしたことに“大喜び”している。「@Beyonceの曲に私のレコードの一部が少し入っていることは、彼女を愛している私にとってとても意味のあることです」と彼女はXに書き、「彼女は今日の音楽の素晴らしいところを象徴しており、私はそのほんの一部であることを嬉しく思っています」と続けた。そして、「これは“ブーツ”の最高のサンプルかもしれない!そしてビートは続く……」と付け加えた。

 今年の【グラミー賞】で<最優秀新人賞>を受賞したヴィクトリア・モネは、このレコードについてXに、「あれのあとに私たちはどうやって休息を取ればいいの?」と綴っており、キキ・パーマーは、「ビヨンセ、芸術のために生きてくれてありがとう……真の乙女座のやり方で。献身的!お見事」とツイートした。

 米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”を席巻したリード・シングル「Texas Hold 'Em」と「16 Carriages」を収録した『カウボーイ・カーター』は、絶賛された2022年のアルバム『ルネッサンス』に続く作品だ。カントリー・ミュージックを取り入れ、試行錯誤しているこのニュー・アルバムには、ウィリー・ネルソン、マイリー・サイラス、ポスト・マローン、シャブージー、ウィリー・ジョーンズなどがカメオ出演している。

この投稿をInstagramで見るDolly Parton(@dollyparton)がシェアした投稿 この投稿をInstagramで見るLinda Martell(@iamlindamartell)がシェアした投稿