メイン画像

今日21日(木)も日本海側は断続的に雪が降り、積雪や路面の凍結などに注意が必要です。太平洋側は晴れる所が多いですが、冬の寒さでしょう。関東北部など山沿いでは大雪の所がありそうです。東北や関東では夕方にかけて風の強い状態が続くでしょう。

日本海側は積雪増に注意 太平洋側も山は大雪 平野部で局地的に雪や雨も

画像A

今日21日(木)、日本付近は西高東低の気圧配置で、引き続きこの時期として強い寒気が流れ込みます。

東北の日本海側や北陸は断続的に雪が降り、山沿いを中心に積雪がさらに増えるでしょう。近畿北部や山陰も雪や雨が降ったりやんだりしそうです。
午前5時現在の積雪は、富山市1センチ、彦根市1センチ、京都府舞鶴市1センチなど、平地でも雪の積もっている所があります。
積雪や凍結により路面状態が悪くなっている所がありますので、車の運転は注意が必要です。

太平洋側は日差しの届く所が多いですが、山沿いでは引き続き雪が降るでしょう。関東北部や長野県などでは昨日から積雪が急に増えている所があります。群馬県草津町では3月としては記録的な大雪となっており、午前5時現在の積雪が93センチと、昨日の同時刻より50センチ近く増えています。大雪による交通障害やなだれなどに注意が必要です。
また、近畿中部や南部、山陽や四国では平地でもにわか雪やにわか雨の所があるでしょう。

なお、日本の東で低気圧が発達しています。昨日よりは風の弱まる所が多いですが、東北の太平洋側や関東では夕方にかけて風の強い状態が続くでしょう。

全国的に寒い 真冬並みの寒さも

画像B

最高気温は、昨日と同じくらいか、低くなる所が多いでしょう。

北海道や東北北部は5℃以下、東北南部は7℃前後の予想です。
北陸も7℃前後で、真冬並みの寒さとなる所もあるでしょう。
関東甲信は昨日より5℃前後低く、10℃前後の予想です。強く冷たい北西風が寒さに拍車をかけるでしょう。
東海や近畿、中国、四国は10℃前後で、3月とは思えない厳しい寒さです。体を冷やさないよう暖かい服装でお過ごしください。
九州は13℃前後、沖縄は20℃前後の予想で、この時期としては空気が冷たいでしょう。

雪道の運転 注意するポイントは

画像C

雪道で、車を運転する場合は、スノータイヤを装着し、急発進、急停車にならないよう、普段よりもゆっくり慎重に運転してください。車間距離は普段の倍以上とりましょう。トンネルの出入り口や橋の上などは路面が凍結しやすいため、特に注意が必要です。通行止めや渋滞の情報をあらかじめ確認してから出かけましょう。

2輪車(バイクや自転車)は転倒のおそれが非常に高いため、運転しないでください。公共交通機関を利用する場合は、間引き運転や減速運転により、普段より時間がかかり、混雑することが予想されます。運行情報や迂回ルートを確認してから行動してください。

大雪のピークが過ぎてないときに行動すると、大きなケガにつながったり、帰宅困難になったりします。慎重に行動してください。