ジャスティン・ティンバーレイク、イン・シンクが出演した米LAでの一夜限りの公演の動画を共有

 ジャスティン・ティンバーレイクが、現地時間2024年3月13日に米ロサンゼルスのザ・ウィルターンで一夜限りのコンサートを開催し、『エブリシング・アイ・ソート・イット・ワズ』時代を華々しくスタートさせた。この公演にはココ・ジョーンズとトベ・ンウィーグウェが出演しただけでなく、イン・シンクのメンバーも集まって究極の再結成も実現した。

 43歳のシンガーはインスタグラムでこの夜を振り返り、パフォーマンス、興奮したファン、サプライズ・ゲストなど、この夜の最高の瞬間をビデオ・モンタージュにしてシェアした。「一夜限り。昨夜来てくれた@nsyncのブラザーズ、@tobenwigwe、@cocojonesに感謝。みんな大好きだ」と、彼はキャプションを付けて投稿している。

 このイベントでジャスティンは、クリス・カークパトリック、JC・シャゼイ、ランス・バス、ジョーイ・ファトーンをステージに迎え、イン・シンクのヒット曲「Bye Bye Bye」と「It's Gonna Be Me」を披露し、新しいコラボ曲「Paradise」を初披露した。また、ジャスティンは今年1月に米TV番組『サタデー・ナイト・ライブ』で一緒に披露した時以来2か月ぶりとなる、『エブリシング・アイ・ソート・イット・ワズ』の収録曲「Sanctified」のパフォーマンスをンウィーグウェと一緒に届けた。一方、ココ・ジョーンズは、2007年にビヨンセとデュエットした「Until the End of Time」を17年ぶりにジャスティンとのデュエットとして歌った。

 3月15日にリリースされたジャスティン・ティンバーレイクの6thスタジオ・アルバム『エブリシング・アイ・ソート・イット・ワズ』は、2018年の『マン・オブ・ザ・ウッズ』以来となるフル・アルバムだ。先行リリースされたシングル「Drown」 と「Selfish」が収録されており、後者は米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で初登場19位を獲得し、彼にとって6年ぶりとなる好位置での初登場となった。また、『エブリシング・アイ・ソート・イット・ワズ』からのリード・シングルは、彼にとってソロとして29曲目のTOP40ヒットとなった。