ボン・ジョヴィ、「Always」MVのYouTube再生数が10億回突破

 ボン・ジョヴィのミュージック・ビデオが新たに10億回再生を記録した。彼らの1994年のヒット曲「Always」のミュージック・ビデオのYouTube再生数が10億回を突破した。

 バンドにとって、2000年の「It’s My Life」と1986年の「Livin’ On a Prayer」に続いて、10億回再生を果たした3つ目の作品となる。マーティ・コールナーが監督を務めたこのMVは、ジャック・ノーズワージー、カーラ・グギノ、ジェイソン・ワイルズ、ケリー・ラッセルが出演し、2009年にYouTubeで公開された。

 ボン・ジョヴィが1994年にリリースしたベスト・アルバム『クロス・ロード』に収録されている「Always」は、米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で最高4位を記録し、彼らにとって10曲目のトップ10入りとなった。また、「Always」は、ベーシストの故アレック・ジョン・サッチが1994年末にバンドを脱退する前の最後のシングルとなった。

 一方、『クロス・ロード』は米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で8位にデビューし、57週間チャートインし続けた。このアルバムには、「Livin' On a Prayer」「Wanted Dead or Alive」「You Give Love a Bad Name」「I'll Be There For You」などのロングヒットが収録されている。

 また、ボン・ジョヴィは、来月Huluで4部構成のドキュメンタリー番組を配信する予定だ。『ボン・ジョヴィ:Thank You, Good Night』と題されたドキュメンタリーはボン・ジョヴィの40年にわたる壮大なキャリアの記録となっている。Huluによると、本作は個人的なビデオ、未発表の初期デモ、オリジナルの歌詞、未公開の写真などを使ってボン・ジョヴィの物語を再現する作品となっており、全エピソードが4月26日に配信される。