野田洋次郎「誰にも任せたくなかった」、Netflix映画『パレード』サントラCD発売&インタビュー映像公開

 野田洋次郎(RADWIMPS)が藤井道人監督のNetflix映画『パレード』に書き下ろした主題歌「なみしぐさ」と劇伴全35曲を収録したサウンドトラックがCDリリースされ、あわせてインタビュー映像が公開となった。

 RADWIMPSが音楽を手掛けた映画『余命10年』以来の再タッグとなった今作は、藤井監督が企画段階から野田にラブコールを送ったことによって成立したという。

 野田は脚本を絶賛した上で「監督に対する信頼と愛がないと劇伴はできない」と、自身が映画音楽を手掛ける上で大切にしているポリシー、そして監督との相思相愛な関係性をインタビューで明かした。また、自身において初めての“配信作品”の音楽制作についても語っているほか、長きにわたる制作過程を振り返りながら、「誰にも任せたくなかった。これは一生自分にとっての誇りになる作品」と、作品への想いを述べている。さらに「10代の頃から死を引き合いに出して、“生”を歌ってきた」と野田は話す。


◎リリース情報
『“パレード” ~Original Soundtrack~』
2024/3/13 RELEASE
PRON-1064 3,000円(tax out)

◎映像情報
YouTube『野田洋次郎 - 特別インタビュー映像| パレード | Netflix Japan』
https://youtu.be/RSZP4R501_s