マドンナ、LA公演最終日の「Vogue」コーナーのゲストにカーディ・Bを迎える

 現地時間2024年3月11日にマドンナの【セレブレーション・ツアー】の米ロサンゼルス最終公演が開催され、カーディ・Bがゲストとしてステージに立った。

 マドンナは、「Vogue」のダンス対決コーナーのセレブ・ゲスト審査員としてカーディを起用した。この楽しいコーナーには、彼女の弱冠11歳の娘エスターも出演しており、今回も10点満点のダンスを披露した。昨年10月に英ロンドンのO2アリーナで開催されたこのツアーの開幕公演で、エスターは母親が1990年に発表したダンス・アンセムに合わせたルーティンを初披露した。これまでもマドンナはエリック・アンドレ、テリー・ジョー、アリ・ウォン、アレクサ・デミーを「Vogue」コーナーの審査員として招いていた。

 米カリフォルニア州イングルウッドのキア・フォーラムで5夜にわたって開催された公演の最終日には、ケイティ・ペリー、パリス・ジャクソン、ロージー・オドネル、コリー・フェルドマン、エリカ・ジェインが観客として参戦していた。

 アイコニックなアーティストであるマドンナの42年のキャリアを網羅するこのツアーは、彼女のヒット曲、個人的な苦労、ポップ・カルチャーへの影響、そして不朽の影響力を振り返るものだ。

 LA日程の初日に65歳のスーパースターは、2023年6月に患い、入院とツアーの延期を余儀なくされた重度の細菌感染症により、一時は動き回ることがほとんど不可能になっていたことを明かした。

 先週はカイリー・ミノーグとステージでデュエットし、カイリーの「Can't Get You Out Of My Head」とLGBT+コミュニティのパーティー人気が高いグロリア・ゲイナーの「I Will Survive」をカバーした。

 また別の夜には、パフォーマンス中に車椅子に座ったファンに誤って立つよう促してしまう、すぐに謝罪した。

 マドンナの【セレブレーション・ツアー】の次の開催地は、現地時間3月13日に行われる、米カリフォルニア州サウザンド・パームスのアクリシュア・アリーナだ。